キボウシインコ Yellow-shouldered amazon について

日本には1羽も存在しないであろう「キボウシインコ」。

Psittacoidea Psittaculidae Amazona barbadensis
属名:Amazona ボウシインコ属
和名:キボウシインコ
英名:Yellow-shouldered amazon
別称:Yellow-shouldered Parrot
学名:Amazona barbadensis
原産:ベネゼエラ北部,ボネール島などのカリブ海諸島
RED-List
CITESⅠ

大手の動物園でもキボウシインコの看板を掲げているところがありますが、確認したものはすべて別のボウシインコの間違い。

おそらく飼っているという話もすべて間違いで、少なくとも表の日本にはキボウシインコは1羽も存在しないはずです。

ボウシインコの種名判定は見が肥えていないと中々難しいものがあると思いますが、キボウシインコかどうかの判断であれば顔でわかるでしょうから、掲げているところは再確認してもらいたいところです…

ただ、日本にとってはとてもレアなキボウシインコで、指定繁殖所のないCITES I類ですが、欧米ではそこまで珍しくはありません。

日本へ輸入は出来ないながら、birdbreeders.comなどにも結構出ています。

原産はベネズエラ北部、ベネズエラのマルガリータ島、ラ・ブランキラ島、ボネール島(カリブ海諸島)

学名の「barbadensis」は、「Barbados(バルバドス/バーベイドス)」というカリブ海に浮かぶ島国です。

島全体が珊瑚礁で出来ているカリブ海地域において最も裕福な国だそうで、バルバドスを画像検索すると美しい島の様子が出てきます。

しかし、キボウシインコはバルバドスで”個体確認”されたということで名付けられたようですが、どうも当時の誤りだったようです。

なお、現在のバルバドスの生息鳥一覧(List of birds of Barbados)に記載されているインコは下記の通りで、キボウシインコは含まれていません。

  • Budgerigar セキセイインコ Melopsittacus undulatus
  • Rose-ringed parakeet ホンセイインコ Psittacula krameri
  • Green-rumped parrotlet テリルリハインコ Forpus passerinus
  • Orange-winged amazon キソデボウシインコ Amazona amazonica
  • Yellow-crowned amazon キビタイボウシインコ Amazona orocephala

移入種、セキセイインコまでいるんですね。

バルバドスの歴史もカリブ海の定番通りに酷いもので、1500年頃にスペイン人が先住民をすべて奴隷として連れ去って無人島化されるという出だしからずっと滅茶苦茶されているのですが、現在のバルバドスはカリブ海地域において最も裕福な国の一つであり、最も民主主義が定着している社会的に高水準で安定した国とされています。

 

CITES I類 #ヨウム African grey parrot

サイテス1ヨウム

ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)
CITES(サイテス): Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora

を取り決める国際会議、第17回ワシントン条約締約国会議(COP17)が2016年9月24日~10月5日、南アフリカ共和国のヨハネスブルグにて開催。

今回も多数の改正が行われますが、オウム目に関しては「ヨウム(Psittacus erithacus|African grey parrot)」のみ付随書Ⅱ類からⅠへ格上げとなりました。

コイネズミヨウム(Psittacus timneh|Timneh Parrot)も含む模様。

10月2日の匿名投票で「賛成95,反対35,棄権5」の可決。※JWCS Twitter

最終決議前の話し合いでの反対派は、コンゴ民主共和国、日本、ノルウェー、南アフリカ、アラブ首長国連邦。賛成派はアメリカ、EUほか多数。

建前は別にして経済効果や政治要素も大きく、純粋に野生動物の保護だけで取引禁止を決めれるような問題ではないための秘密投票にしたのでしょう。

過去のスミレコンゴウインコなども同じくで、繁殖体勢の整っているアメリカやEUからすればI類へ昇格した方が価値もあがります。

その後さらにカタールがサイテスI類への決議に対して再審議を要請し、その件に対しては28対104で否決とあります。

Report PDF
http://mpaenvironment.ei.columbia.edu/files/2016/08/CITES-Final-Report-2016_Part1.pdf

https://cites.org/sites/default/files/eng/cop/17/prop/060216/E-CoP17-Prop-19.pdf

既存の飼主には日本における「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」が適応され、個体の登録証が必要になります。

慌てる必要はありませんが領収書など購入記録があれば申請はスムーズです。

国際希少種の登録・製品認定|一般財団法人 自然環境研究センター

インターズー社の愛鳥専門誌 ALL BIRDS(オールバード)2016年4月号 (ウロコメキシコインコ特集号)やその記事のライターによるブログ(とりどり便り)にも詳しく掲載されています。

サイテスⅠ類になってもオオバタンやコバタンのように指定繁殖場からの繁殖個体は合法的に輸入販売は可能で、既に世界中の繁殖場に大量に確保されている人気鳥=金になる鳥ですから、きっと近い将来にBIIなどから来輸入再開されるのではないかと思います。

国内繁殖も盛んになるかもしれませんが、ひとまず価格はそれなりに上昇するでしょう。

ペットショップでは登録票を取得していないと陳列も出来なくなるのでご注意を。

 

アシボソキエリボウシ parvipes

アシボソキエリボウシ

CITES1 キエリボウシインコ(Yellow-crowned amazon)3亜種の1角、アシボソキエリボウシインコ(Amazona a. parvipes)。

私のような少し齧った程度の素人目には一見ちょっと違和感のあるキエリボウシかキビタイやパナマボウシのように思えましたが、確かにキエリボウシとは違います。

アシボソの細脚が写っていないミス。。。。

ボウシインコは大きく2種類の顔立ちにわかれるのですが、うちのズグロシロハラで言うところの

くぴ~系のキエリボウシ系、ぐぴ~系のキビタイボウシ系といった感じ。

@マコウジャングル

まいど! #フィリピンオウム #アカハラコバタン Red-vented cockatoo

フィリピンオウム

フィリピンオウムは尻のあたりが鮮やかな赤色をしていることから別称でアカハラコバタンとも呼ばれます。

英名では Red-Vented cockatoo (赤尻/赤い肛門)と呼ばれます。

顔は少し黄色を帯びていて、体の大きさや雰囲気は強いていえばコバタンよりもシロビタイムジやソロモンオウムが近い印象。

鳴き声は聞いた限りではアカサカオウムに似た系統と言いますか、他の白色オウムと違ってギャースな大絶叫鳴きもしません。

サイテスI類で殆ど流通することもない珍しいオウムですが、フィリピンオウムは良いなーと思わせる鳥です。

パーフェクトコンパニオンバード ニョオウインコ

ニョオウインコごろりん

コンパニオンバードとして価格以外はパーフェクトなインコであろうと思うニョオウインコ。

ニョオウインコはラブバードやシロハラインコのように1羽飼いより2羽ペアがお勧め。

価格的は高いですが、とってもお勧め。