オオキボウシモドキインコ Tres Marías amazon Amazona tresmariae について

オオキボウシモドキインコ ワイルドクロス

オオキボウシインコを越えるオオキボウシ「オオキボウシモドキインコ」(・Θ・)

通称「トレスマリアス(トレスマリア)」

Psittacoidea Psittaculidae Amazona tresmariae
分類:オウム目 インコ科 ボウシインコ属
和名:オオキボウシモドキインコ
別称:キガシラボウシモドキインコ?
英名:Tres Marias Amazon
俗称:Double Yellow-headed Amazon ※誤りの俗称
学名:Amazona tresmariae
旧名:Amazona oratrix tresmariae 2004年に独立
Size:38-40cm 580-650g
原産:トレス・マリアス諸島(Islas Marías)
RED-List 未掲載
CITES Appendices I

オオキボウシインコが耳元までの黄色いマスクを被っているとすれば、オオキボウシモドキは黄色い目出し帽を被っているような容姿が特徴的です。

個体によっては頭全体から胸元や下腹部まで黄色い羽が広範囲に広がり、両翼や太腿も黄色が鮮やかに主張します。

オオキボウシモドキインコは通称トレスマリアス(トレスマリア)と呼ばれ、ボウシインコマニア憧れのインコの1つです。

このトレスマリアスという通称は生息地に由来された英名や学名から呼称です。

トレス・マリアス(Tres Marias)とは、メキシコの西側沖100kmの太平洋に浮かぶナヤリト州トレス・マリアス諸島(Islas Marías)の事で、代表的な3つの島(マドレ島,マグダレナ島,クレオファス島)をスペイン語で「3人のマリア(Tres Marias)」として名付けたそうです。

オオキボウシモドキインコはトレス・マリアス諸島の固有種で、亜種ではありません。

オオキボウシモドキは現在ではオオキボウシインコの亜種から昇格独立して別種となっているのですが、亜種とされていた頃からオオキボウシインコの基亜種オラトリクス,マグナ,ホンジュラス,ベリーズよりも格上の存在でした。

学名は2004年までオオキボウシインコの亜種 Amazona oratrix tresmariae で、現在は単独種 Amazona tresmariae です。

英名もオオキボウシインコのYellow-headed Amazonに対してDouble Yellow-headed Amazonとしているところもありますが、それはニセオオキボウシインコなどの亜種のことで、オオキボウシモドキインコはTres Marias Amazonです。

お喋りを得意とするインコはヨウムが代表のように言われる事も多いですが、人の言葉を物怖じせず圧倒的な声量で喋る能力はボウシインコが圧倒的に高いと思います。

そのボウシインコの中でも抜きん出ているのがオオキボウシモドキインコ,オオキボウシインコ,キエリボウシインコで、特にオスは段違いによく喋ると言われます。

ジュロンバードパークで40年以上も活躍中のお喋りスーパースターインコ(オオキボウシインコとされていますが、ニセオオキボウシインコ(マグナ)に見えます)、アミーゴは今でも未だに新しい言葉を次々覚えていきます。

出来る過ぎる天才ゆえに後継者が難しく、キエリボウシインコやアオボウシインコが頑張ってはいますがアミーゴの真似は厳しそうです。

JurongBirdParkのアミーゴ(ニセオオキボウシインコ?)

オオキボウシインコは2002年11月のワシントン条約会議(チリ会議)でCITES Iに登録されており、分裂したオオキボウシモドキインコも同様にCITES Iです。

もはや日本で流通することは無いでしょうし、オオキボウシモドキインコを見る事が出来るのもアドベンチャーワールド(wildcross)の個体がおそらく最後でしょうか。(以前見たときは看板の表記が誤っていましたが)

もしかするとまだ普通のお宅に昔からのペットバードとして飼われている生き残りがいれば出会ってみたいものです。

 

コンドルの王 トキイロコンドル King vulture について

派手な傾奇者の容姿が素晴らしいコンドルの王様、トキイロコンドル。

マヤ文明ではトキイロコンドルは人間の体と鳥の頭を持つ神として描かれていることがあるなど、神と人とを繋ぐ神聖な存在とされていたそうです。

Accipitriformes Cathartidae Sarcoramphus papa
分類:タカ目 コンドル科 トキイロコンドル属 トキイロコンドル
学名:Sarcoramphus papa サルコランフス・パパ
旧名:Vultur papa
英名:King vulture
和名:トキイロコンドル 朱鷺色禿鷹
Size:胴体71-81cm 翼長1.2-1.7m 体重3-3.75kg
原産:中南米|メキシコ南部からアルゼンチン北部の熱帯低地森林
RED-List
CITES Appendix III
特定動物

一度見れば忘れられないような色鮮やかで派手な顔立ちが特徴的なトキイロコンドル。

幼鳥は褐色で、綺麗になるには5~6歳までかかります。

原産は中南米に幅広く生息しており、野生下において特別珍しい種ではなく、RED-ListはLC,CITESもⅢ類です。

とはいえ、日本国内で展示として普通に見ることの出来るのは上野や東山、鹿児島の平川動物公園などごく少数に限られています。

また生息地の喪失や鉛弾や毒餌での2次被害で減少傾向にあるともいわれます。

生活スタイルは気流に乗って上空を滑空しながら腐肉を探す一般的なコンドルと同様ですが、より小型のヒメコンドルやクロコンドル等の餌場を横取りもします。

オウム目のような鉤状の強力なクチバシで硬い死骸を処理するのが得意で、頭と首に羽がないのは死肉を食べる際に細菌を含んだ血肉が付着しにくい衛生上の適応進化などと考えられています。

この死肉食たちによる清掃活動は生態系にとって重要なポジションで、伝染病の予防にも貢献していると言われます。

コンドルは英語では日本語でのイルカとクジラのように小型種を「Vulture」大型種を「Condor」として区別しています。

「King Vulture」のトキイロコンドルのカテゴリは小型種ではあるのですが、その中では最大種です。

また、日本だと小型種のコンドルの中ではトキイロコンドルのみが環境省の特定動物に登録されています。

古い解説ではコウノトリ科に近いとされているものもありますが、近年の遺伝子による分子系統学ではコウノトリ説は完全否定され、タカ目となっています。

現在のトキイロコンドル属は1属1種なのですが、ほかに絶滅した3種が19世紀までいたそうです。

Sarcoramphus papa トキイロコンドル
Sarcoramphus fisheri 絶滅
Sarcoramphus kernense 絶滅
Sarcoramphus sacer 絶滅

トキイロコンドルに直接は関係ありませんが、「アルゲンタヴィス・マグニフィセンス(Argentavis magnificens)」という名の史上最大の巨大コンドルが600万年前のアルゼンチンにいたとされています。

翼長7~7.5m,体重80kgに及ぶと考えられています。

ペラゴルニス・サンデルシという2500万年に生息したと言われる海鳥が2014年に新種として認定され、それまで史上最大の飛ぶ鳥とされたアルゲンタヴィスは2番目となりました。

2500万年前のペラゴルニスはともかくアルゲンタヴィスの600万年前頃というのは、初期人類が出現した時代に近く、人類がアフリカから出たのはもっと後とはいえ、もしかすると人類との関わりはあったかもしれないですね。

ムラサキガシラジャコウインコ Purple-crowned lorikeet について

紫色の冠をした小型ロリキート、ムラサキガシラジャコウインコ

Psittacoidea Psittaculidae Loriinae Loriini Parvipsitta
属名:Parvipsitta ヒメジャコウインコ属
和名:ムラサキガシラジャコウインコ
英名:Purple-crowned lorikeet 
学名:Parvipsitta porphyrocephala
Size:15-16cm 37–50g
原産:オーストラリア南側の広範囲

とても可愛らしい小型ロリキートです。

以前はジャコウインコ(Musk lorikeet,Glossopsitta concinna)の同属とされていました。

同じくジャコウインコの同属とされていたヒメジャコウインコと共に独立昇格して2種で新属Parvipsittaを結成。

旧学名:Glossopsitta porphyrocephala
新学名:Parvipsitta porphyrocephala

生息地はニューサウスウェールズ州南部とビクトリア州の大部分、フリンダース山脈を含む南オーストラリア州の南部、そして西オーストラリア州南部に見られる南オーストラリア州でのみ発生します

 

ワキアカボウシインコ Yellow-faced Parrot Alipiopsitta xanthops について

ボウシインコ属じゃないボウシインコ、ワキアカボウシインコ

Psittacoidea Psittaculidae Alipiopsitta xanthops
分類:オウム目 インコ科 ワキアカボウシインコ属
和名:ワキアカボウシインコ
英名:Yellow-faced Parrot
別称:Yellow-faced Amazon
学名:Alipiopsitta xanthops
旧名:Amazona xanthops 2005年まで
Size:25-27cm 260g
原産:中央ブラジルからボリビアやウルグアイの国境付近など
RED-List

ワキアカボウシインコは2006年に「Amazona ボウシインコ属」から1属1種の単属「Alipiopsitta ワキアカボウシインコ属」へ独立しました。

分岐学でボウシインコの源流とされるムジボウシインコ(Amazona farinosaSouthern mealy amazon)とはDNA配列が別系統で、

ヨツボシミドリインコ(Graydidascalus brachyurusShort-tailed Parrot)が遠からずという話もあるようです。

また、オウボウシインコ程の違いではありませんがワキアカボウシインコにも異なる基調色の2種がいます(亜種ではありません)。

緑型(Green morph)と黄型(Yellow morph)の2つで、黄色タイプの方が胴体の両側面に広がる褐色が目立つようです。

和名はこれを脇が赤いという解釈でワキアカボウシと命名されています。

私が見た数十羽の緑タイプは若くて色が出ていないのかもしれませんが、ワキアカという名には印象が繋がらずの容姿でした。

下記は私の写真ではありませんが見事に色の出た個体が掲載されております。おそらく珍しい類と思われます。

出展 https://www.wikiaves.com.br/2953075

英名はYellow-faced Parrotなのでしっくりくる名付けです。

直訳するとキガオボウシインコなのですが、キガオボウシインコ(キンガオボウシインコ)は別にいます。

また、このキガオボウシインコの英名はBlue-cheeked Amazonで、ボウシインコに限らずですが英名と和名がややこしくなるタイプの1つです。

学名はギリシャ語での黄色を意味する「Xantops|キサントス」で、スピックス博士の命名です。

右にシンジュウロコインコの基亜種(Pyrrhura lepida lepida)が一緒に可愛く写っていますが、生息域は地図データで見る限りでは基亜種よりも亜種のルリシンジュウロコモドキ(Pyrrhura lepida l anerythra)が被っているかも。

 

ワキアカボウシインコは2004からRED-Listでの絶滅危惧懸念がVUからNTへランクダウンしています。

 

Transfer “Amazona” xanthops to the monotypic genus Salvatoria

papagaio-galego (Alipiopsitta xanthops) | WikiAves – A Enciclopédia das Aves do Brasil

メキシコシロガシラインコ White-crowned Parrot Pionus senilis について

シロガシラピオヌスの北中米側、メキシコシロガシラインコ。

Psittaciformes Psittacidae Pionus senilis
属名:Pionus アケボノインコ属
和名:メキシコシロガシラインコ
英名:White-crowned Parrot
別称:White-capped Parrot , White-crowned Pionus
学名:Pionus senilis
原産:北米メキシコ~中米パナマをカリブ海沿岸側に沿って
Size:24cm 193-229g
RED-List

メキシコシロガシラの名前通りメキシコからパナマに生息する白い頭のインコで、アケボノインコ属の仲間で、アケボノインコ属の最小種です。

学名はラテン語で「白髪の老人」を意味する「senilis」、欧米やアジアの各国語名でも白い頭や額という意味の名付けをされています。

一見地味にも見えますが全体的に独特の配色をしており、特に陽の光を浴びると色々な色が美しく映えます。

アイリングは幼いと白く、成鳥になるにつれてピンク色になっていきます。

 

原産は北米メキシコから中米をカリブ海側を縦貫してパナマまで生息しており、その中でもコスタリカが最大生息数とされています。

但しコスタリカの北側隣国のニカラグア西側では絶滅したとされているようです。

ユカタン半島には青色の強いメキシコシロガシラの群生がおり、以前はそれらを亜種P. s. decoloratusとする説もありました。