第18回ワシントン条約締約国会議 サイテスI類に昇格 カンムリヅル

テロの影響で3ヶ月ほど延期になっていた第18回ワシントン条約締約国会議(COP18)が開催地をスリランカからスイスのジェネーブへ変更されて行われました。

ワシントン条約締約国会議についてはこちらの別記事にまとめてあります。

今回のCOP18でオウム目に関しては大きなトピックはありません。

強いて言えばクロインコやオオハネナガインコ(セイアオオハネナガ,トウアオオハネナガ)がCOP19コスタリカ以降で議題に上がるかもしれません。

鳥類全体では「カンムリヅル」がワシントン条約附属書Ⅰ(CITES I)への昇格となりました。

ほか、ヤマドリ属のオナガキジとオーストラリア固有種のムシクイ2種(ズアカヒゲムシクイ,ハシナガヒゲムシクイ)の3種がCITES IIとなりました。

「カンムリヅル」は日本の動物園には数えるほどしかいないのですが、比較的一般的な「ホオジロカンムリヅル」を「カンムリヅル」として展示しているところもあります。

分類や総称としてはカンムルヅルなので間違いでもありませんが、珍しさではだいぶ違います。

カンムリヅルの方が全体的に黒さがあり頬の赤みが強く、もう一方のホオジロカンムリヅルは全体的に薄くて和名の通り頬の白さが目立ちます。

現存するカンムリヅル属Balearicaはその2種で構成されています。

学名:Balearica pavonina バレアリカ・パボニナ

和名:カンムリヅル

英名:Black crowned crane

原産:アフリカ|ギニア,スーダンなどサハラ南部

CITES Appendix I COP18 2019
学名:Balearica regulorum バレアリカ・レグロラム

和名:ホオジロカンムリヅル

英名:Grey crowned crane

原産:アフリカ|コンゴ共和国,ウガンダ,アンゴラ,南アフリカなど

CITES Appendix II

他に化石から絶滅種が3種発見されています。

属名Balearicaは地中海西端にあるスペインの自治州の群島「バレアレス諸島」が由来で、その根拠が今ひとつわからずですが、冠羽の事では無さそう。

この特徴的なカンムリヅル属の冠羽はさわり心地もたまりませんが、ジーパンぐらい貫通する超強力な打突力のため感慨にふける余裕をもてません。

ベタ馴れなら顔をうずめて匂いを嗅いでみたいところです(・Θ・)

 

[広告]

真孔雀 マクジャク|Green peafowl,Pavo muticus

キジ目の最大種、「真孔雀」。

Galliformes Phasianidae Pavo muticus

分類:キジ目 キジ科 クジャク属 マクジャク
和名:マクジャク

漢字:真孔雀
英名:Green peafowl
学名:Pavo muticus

Size:♂最大全長300cm 3.8kg-5kg ♀1kg-1.2kg
原産:インド,インドネシア,タイ,ベトナム,ミャンマー,ほか
RED-List EN 2018-2009 , VU 1994-2008

CITES Appendix II

亜種
Pavo muticus imperator インドシナマクジャク

Pavo muticus muticus ジャワマクジャク

Pavo muticus spicifer ビルママクジャク

マクジャクはクジャク属の上位分類であるキジ目の中でも最大種で、オスの最大全長は3mにも及びます。

これは現存する野生種としての鳥類で最長。

マクジャクには3亜種がおり、その総称が「マクジャク」。

漢字表記だと「真孔雀」。

一般的に動物園などで展示されている種は「インドクジャク」で、マクジャクの方が明るい緑色をしています。

江戸時代の絵師「円山応挙」や「長沢芦雪」が描いたマクジャクが世界的に有名です。

つづく

ヘキチョウ|碧鳥

分類:スズメ目 カエデチョウ科 キンパラ属

和名:ヘキチョウ|碧鳥

英名:White-headed Munia

学名:Lonchura maja

Size:11-12cm,11–14 g

原産:インドネシア,マレーシア,タイ,ベトナム,シンガポールなど

ヘキチョウの学名ロンチュラ マジャLonchura majaの「maja」は「西ジャワ」の事で、インドネシアのジャカルタなどのあたりを指します。

実際の生息地はもっと広範囲ですが、東南アジアのキンパラ属の仲間で、日本には江戸時代から輸入されていた定番フィンチの1つです。

しかし、ヘキチョウも含めてキンパラ属を日本で見る機会は随分と減りました。

1960~1980年ごろには関西や首都圏でも籠抜けが自生して繁殖していたようですが、寒波や台風か何かのタイミングで全滅したのか定着は出来なかったようです。

 

ヘキチョウを漢字で表記すると「碧鳥」。

BLUEを意味する日本の漢字は「青」「蒼」「碧」の3つがあり

「碧色(ヘキショク)」は強い青緑色(緑色に近い青色)を意味します。

碧色のWebカラーコードは#007F89

■■■■■■へきしょく#007F89■■■■■■

出雲の玉造石のほか、3月の誕生石「ブラッド・ストーン」は碧玉の一つだそうです。

和名ヘキチョウの由来は羽の色ではなく嘴の色でしょうかね。