アカハラハネナガインコ図鑑|Red-bellied Parrot,Poicephalus rufiventris

アカハラハネナガインコ

まだ派手な腹色の出ている写真をちゃんと撮れておらず…

渋い中小型アフリカン、ハネナガインコ属アカハラハネナガインコ

Psittacoidea Psittaculidae Poicephalus rufiventris

分類:オウム目 インコ科 ハネナガインコ属 アカハラハネナガインコ

学名:Poicephalus rufiventris

英名:Red-bellied Parrot
旧名:African Orange-bellied Parrot

和名:アカハラハネナガインコ

Size:22-25cm 113-142g

原産:東アフリカ|エチオピア,ソマリア,タンザニア,ケニア
RED-List LC 2016
亜種
Poicephalus rufiventris
P. r. pallidus エチオピア東部,ソマリア南西
P. r. rufiventris エチオピア中央,ソマリア,タンザニア北部,ケニア

アカハラハネナガインコ

アカハラハネナガインコは性的二型で、成鳥のオスは和名の通り赤い腹になります。

幼いときは雄雌で似ていますが、オスは橙色が出てきます。

英名も赤い腹のRed-bellied Parrotなのですが、赤色というよりは橙色の方がしっくりくると感じます。

実際に英名でも以前は「African Orange-bellied Parrot」でした。

しかし、オーストラリアの野生下絶滅寸前種「Orange-bellied Parrot(アカハラワカバインコ,Neophema chrysogaster )」と名前が被ることから改名されました。

原産は東アフリカ(エチオピア,ソマリア,タンザニア,ケニア)の乾燥地帯で、バオバブの木によく集るようです。

地図表記では海辺にもいそうですが、沿岸部では見られないようです。

Poicephalus rufiventris

アカハラハネナガインコは2亜種とされていて、エチオピア東部の亜種(P. r. pallidus)は腹だけでなく額から翼の裏側まで全体的に赤みが濃くて一回り小型とされています。

IOCでは亜種していますが、WPTなどでは亜種認定しておらず、野生下においても交雑があるようです。

ムラクモインコの亜種とも生息域の重複があるそうなので、もしかしたら野生ハイブリッドも極々稀にあるかもしれないですね。

Red-bellied Parrot

1980年代の乱獲時代にはタンザニアから大量に輸出され、全体の30%以上が減少しましたが、現在では安定しているとされています。

希少種であればまた違うのでしょうが、地味な一般種でネズミガシラハネナガインコやムラクモインコあたりと需要が被るからなのか人気は低く、流通することは稀です。

スペインではそれなりに安定供給されているようなので、あるいは金額次第でしょうかね。

 

[広告]