脚の長さ世界一の鳥 #クロエリセイタカシギ

単純に長さだけならダチョウですが、セイタカシギは身長と脚の長さの比率が60%以上で、脚の長さが世界一とされています。

分布は世界中に広く、水田や沼地などに生息しています。

漢字表記は「背高鷸」、英名では「Stilt」で、意味は竹馬。

セイタカシギ属には5種が分類されています。

■欧米やアフリカ、アジアに幅広く分布する基本種
・セイタカシギ|Black-winged Stilt|Himantopus himantopus

日本にも在来種として定着しています。

 

■オーストラリアに分布する頭の白黒がはっきりしたセイタカシギ
・オーストラリアセイタカシギ|White-headed Stilt|Himantopus leucocephalus

 

■ペルーやアルゼンチンなど南米の南部に分布する頭の白いセイタカシギ
・ナンベイセイタカシギ|White-backed|Stilt Himantopus melanurus

 

■ニュージーランドに分布する真っ黒のセイタカシギ
・クロセイタカシギ|Black Stilt |Himantopus novaezelandiae

 

■アメリカ南西部から南米にかけて分布し、ハワイ亜種のいるセイタカシギ
・クロエリセイタカシギ| White-backed Stilt|Himantopus melanurus

このクロエリセイタカシギは2亜種に分類されます。

Himantopus melanurus mexicanus ハワイ諸島にのみ分布する希少種

Himantopus melanurus knudseni クロエリセイタカシギの通常種

日本の施設でも数多く飼育されているメジャー種で、トップの写真は掛川花鳥園でのものです。

営巣は地表で石に擬したもので、雛も静止していればわからないような模様です。

クロエリセイタカシギには性差があり、オスの背中は光沢感の強い黒色で、メスは渋い茶色混じりになっています。

[広告]

サンデーコニュア #ナナイロメキシコインコ #コガネメキシコインコ

仲の良いナナイロメキシコインコとコガネメキシコインコ。

ハイブリッドの是々非々はともかく、飼育下でこの二種の交雑種は容易に出来てしまいます。

そのハイブリッドに独自の名称はありませんが、以前どこかしらの海外文献でうまいこと名付けているものがありました。

Sunday Conure

もちろん正式名称ではありませんが、Sun ParakeetとJandaya parakeetのハイブリッドということで、単純明快かつ語呂の良いことで。

 

真珠と鼠。 #シンジュウロコインコ #ネズミムネウロコインコ

流通名でアオシンジュウロコインコとも呼ばれる基亜種のシンジュウロコインコ(Pearly Parakeet|Pyrrhura lepida lepida)と

希少種ネズミムネウロコインコ/ハイムネウロコインコ(Grey-breasted Parakeet|Pyrrhura griseipectus)。

ウロコインコの仲間では最大級にして最高に派手なアオマエカケインコと共通点も多い配色ながら、全体的に地味に感じるのはアオマエカケインコと違って黄色が無いからかもしれません。サイズも小柄。

ネズミムネウロコインコは野生下では絶滅秒読みで、IUCN RED-Listで長くCR(近絶滅種|絶滅危惧IA類)でした。

生息地域も狭くて山火事の危機も深刻でしょうが、近年の積極的な保護活動が功を奏して、2017年からEN(絶滅危惧種|絶滅危惧IB類)に1ランク持ち直しています。