白孔雀 リューシズムインドクジャク

白孔雀はアルビノではなくリューシズム(Leucism)と呼ばれる別の突然変異。

部分的なリューシズムの斑孔雀(Partial Leucism Peacock)も存在するのですが、まだ見たことは無し。

他の鳥や動物でもリューシズムは存在し、野生下でリューシズムのキイロオクロオウムなんていうのもいます。凄いですね。

Leucistic Yellow-tailed Black-cockatoo

 

[広告]

構造色ではなく色素による羽色、アカガシラエボシドリ

くわーーー!!!めちゃくちゃ口が開くように見えるエボシドリたち。

エボシドリを説明する場合によく使う超定番のネタが羽色に関するものです。

鳥の羽色は光の屈折による構造色で表現されるものが一般的なのですが、エボシドリは構造色ではなく色素によって着色されています。

このアカガシラエボシドリの頭の赤色は1869年に鳥類史上初として発見されたTuracin(ツラシン)という銅を6%含む天然色素によるものです。

緑色はTuracoverdin(ツラコバディン)で、この2つの色素によって数多の鳥類の中でもエボシドリを有名にしています。

なお、オウム目にもPsittacofulvin (プシッタコフルヴィン)という色素があり、コンゴウインコの赤色もそれによるものです。

まだまだ解明されていない事だらけのようですが、このあたりも面白い話の宝庫です。

もぎたて。 #ニョオウインコ

もぎたて!女王の雛。女王の娘なら王女インコ?

和名:ニョオウインコ
学名:Guaruba guarouba
英名:Golden parakeet , Golden Conure

ニョオウインコの学名「Guaruba guarouba」の由来は古き言葉から。

ブラジルとパラグアイに住む南米インディアン「Tupi族」による「旧Tupi語」で

「 guará (黄色い鳥) yuba (小さい)」が由来とされています。

「小さい鳥」というのは大コンゴウインコに対してだと思いますが、ニョオウインコやミヤマインコの顔はとてもコンゴウインコに似ています。

なお、和名の「女王(にょおう)」の由来は英名の俗称「Queen of Bavaria conure」からだと思われます。

とても素敵で特別なニョオウインコ、連れて帰りたいものです(・Θ・)