ネズミガシラハネナガインコ図鑑 Senegal parrot,Poicephalus senegalus

頭部の鼠色と腹部のベストのような黄色いV模様も特徴的なアフリカンパロット、ネズミガシラハネナガインコ(Poicephalus senegalus|ポイセファルス セネガルス)

Psittacoidea Psittaculidae Poicephalus Senegalus

分類:オウム目 インコ科 ハネナガインコ属 ネズミガシラハネナガインコ

学名:Poicephalus Senegalus

英名:Senegal Parrot

和名:ネズミガシラハネナガインコ

Size:23cm 120-170g

原産:西アフリカ|サハラ砂漠の南側のサヘル地帯とさらに南側の森林帯
/セネガル~カメルーンと中央アフリカ共和国の国境あたりにかけてのサバンナ森林帯や熱帯雨林帯
RED-List LC ,WPT
亜種:2(旧3)
ネズミガシラハネナガインコ|基亜種(黄)
Poicephalus senegalus senegalus
Senegal Parrot, Yellow-vented Parrot

アカハラネズミガシラハネナガインコ|亜種(赤)
Poicephalus senegalus versteri
Red-vented Senegal Parrot
北西コートジボワール~南西ナイジェリアの熱帯雨林帯

カノネズミガシラハネナガインコ|亜種(橙)
Poicephalus senegalus mesotypus
Reichenow’s Orange-bellied Parrot
Orange-bellied Senegal Parrot
※1997 P.s.mesotypusP.s.senegalusへ統廃合

アフリカンパロットとは、ヨウム属2基亜種,クロインコ属3基亜種,ボタンインコ属9基亜種,ハネナガインコ属10基亜種の合わせて4属24基亜種とその亜種からなるインコたちの総称です。

ノリノリに陽気な南米パロットとは違って、物静かで哲学的なアフリカンパロットと比喩されることもあります。

そのアフリカンパロットの中で最もインパクトの強い和名が採用されていると思うのが「ネズミガシラハネナガインコ」。

頭が鼠色のハネナガインコ属の仲間という意味で、漢字表記は「鼠頭羽長鸚哥」。

候補に「ネズミイロガシラハネナガインコ」や「ハイガシラハネナガインコ」は無かったのかと思わないでもありません。

最近では英名の「セネガルパロット」と明記している販売店も見かけます。

ネズミガシラハネナガインコのイエロータイプ&オレンジタイプ(カノネズミガシラハネナガ)

ネズミガシラハネナガインコには腹の色の違いで3種類のカラータイプが存在します。

黄色タイプ,橙色タイプ,赤色タイプの3カラーです。

この違いは性別ではありませんし、作出された色変わり品種でもありません。

それぞれ生息地域が異なる亜種です。

色変わり品種としてはパイド,シナモン,イエローがおり、現在はもっと増えているかもしれません。

パイドのネズミガシラハネナガインコ

原産は西アフリカ熱帯雨林地域、およびその北側に広がるサハラ砂漠との移行帯であるサヘル地帯(Sahel)と呼ばれる半乾燥地域(サバンナ森林帯)に生息し、乾季と雨季で移動もあります。

最適な環境とされるのはアフリカバオバブ Adansonias digitataやニシアフリカフサマメParkia filicoideaが生い茂る比較的広大なサバンナの森林だそうで、乾季と雨季で移動もするそうです。

ガーナでは湿地帯にも生息しているため、環境適応能力は高いのかもしれません。

セネガルパロットの名の通りセネガル共和国にも生息するのですが、セネガルを西端としてカメルーン中央アフリカ共和国の国境あたりまでを東端とした東西に長い生息域をもちます。

この生息域である西アフリカのセネガル,ガンビア,ギニア,ブルキナファソ,トーゴ,ニジェール,中央アフリカ共和国など殆どの国はGDPの世界ワースト30の最貧困国です。

貧困国では密猟だけではなく森林伐採が絶え間なくあるため、生息地域の喪失は広がっているようですが、それであってもRED-Listは低危険種(LC:Least Concern)の逞しい種です。

ネズミガシラハネナガインコ

上記地図の西側にある水色●印付近に生息するのがオレンジの腹色の亜種Poicephalus senegalus mesotypusカノネズミガシラハネナガインコ

「カノ」はナイジェリアのカノ州(Kano State) 付近に生息するという地名由来。

大西洋側にある赤丸●付近に生息するのが赤い腹色の亜種Poicephalus senegalus versteriアカハラネズミガシラハネナガインコ

「versteri」はドイツ人のFlorentius Abraham Verster van Wulverhorst博士が由来。

アカハラネズミガシラハネナガインコにはまだ出会えておらず、自分撮影の写真がありません。

旧亜種カノネズミガシラハネナガインコ

このオレンジ腹のカノネズミガシラハネナガインコを上記で亜種と記しましたが正式には違います。

以前は亜種扱いだったのですが基亜種へ統廃合されたため、正式な分類上からは抹消されています。

とはいえ、基亜種の黄色い腹色とひと目で違うカラーリングのオレンジ腹ですので、専門店やマニアの間では現在もカノネズミガシラとしてわけられています。

ネズミガシラハネナガインコ

ネズミガシラハネナガインコはペットバードやコンパニオンバードとして広い層に飼いやすいという印象はあります。

もちろん主観ですし個体差もありますが、騒々しく騒がず、物静かで社会性があり、お喋りも出来て、ふれあい好きで柔らかい触り心地も良く、香りも芳しいです。

成鳥になると点目が強くなり、万人から愛おしく思われるような顔つきではないかもしれませんが、点目は点目でとても可愛いものです。

どうしても点目を嫌う方にはチャガシラハネナガインコの方が良いかもしれませんが、チャガシラハネナガインコの流通は滅多にありません。

ネズミガシラハネナガ写真プレゼント

気質は陰か陽で言えば陰の気質で臆病系ですが、人工繁殖個体であれば穏やかで接しやすい印象です。

とはいえ、ネズミガシラハネナガインコも他と同じように発情適齢期には突然に凶暴化するものもいますし、1羽飼いだとオンリー1化しやすいかもしれません。

本気で叫べばそれなりに耳障りな鳴き声で響きますし、噛まれればそこそこのダメージはあります。

神戸どうぶつ王国インコ

ネズミガシラハネナガインコは20年程前なら安価なメジャー種でしたが、最近では見る機会もすっかり激減して価格も高騰しています。

当時は4~5万円程度でしたが、CITES-DBによると1994年~2003年までの約10年間に、ネズミガシラハネナガインコの野生個体の正規の輸出数は

セネガルから173,794羽
ギニアから約164,817羽
マリから約60,742羽

その他も合わせて41万羽以上がアフリカから世界へ輸出されていたワイルド特需時代でした。

1992年に規制が掛かる前の方が多かったという記載もあり、輸出される前に落ちた数もいれると膨大な数が捕獲された事でしょう。

しかし乱獲されたわりに野生下での減少懸念はLCで低く、もちろん地域にもよりますが種の保存に問題はない生息数とされています。

セネガルパロット

ネズミガシラハネナガインコには40年の飼育記録があり、ほかの多くの中型インコ同様に長生き出来る可能性があります。

もしかすると陽気に動き回るタイプより長寿インコのポテンシャルは高いのかもしれません。

ズグロシロハラネズミガシラハネナガ
ズグロシロハラインコぐぴ~フレンズ、ネズミガシラハネナガインコ

いわゆる中型インコの中では小さい部類の中小型インコで、個人的にオススメするインコの1つです(・Θ・)