ソロモンオウム Solomons cockatoo

ソロモンオウム

この写真の撮影時で生後8ヶ月の可愛いソロモンオウム。

純白の中に薄っすらとオレンジ色がかった冠も素敵です。

英名はSolomons cockatoo または Ducorp’s Cockatoo などとも呼ばれます。

この Ducorp’s の意味を調べてみるもよくわからず。

フランス語の du corps だとしても?はて。

 

@ひごペット

[広告]

スズメ目スズメ科スズメ属スズメ

すずめ

スズメ目の代表。鳥の大きさを比較する場合に基準となる「ものさし鳥」の代表でもあります。

日本で最も一般的で身近な野鳥ですが、近年急速に数を減らしており、

この50年で90%近くも減っているとされています。

世界ではユーラシア大陸からスマトラ島などの亜熱帯まで非常に広範囲に分布しており、それらは7~9亜種とされています。

基亜種はヨーロッパからアフリカ北部などに棲息する学名「P. m. montanus」で

日本で馴染みのスズメは「学名:Passer. montanus. saturatus 」と呼ばれる亜種です。

寿命は飼育下で15年の記録がありますが、野生下での生存率は非常に低く、

1歳を迎えることが出来るスズメは1割どころかほんの数%と考えられています。

つづく…

ズアカハネナガインコ Red-fronted Parrot について

ズアカハネナガインコ

ハネナガインコ属(Poicephalus)の中型アフリカンで、サイテスII

英名:Red-fronted Parrot / 別名:Jardine’s parrot

ズアカハネナガは3亜種(一説には5)とされています。

■ズアカハネナガインコ 基亜種
P. g. gulielmi
Black-winged Jardine’s
コンゴ川流域に棲息
翼の側面が黒っぽく額と袖羽と太ももに橙赤色が出る

■マサイズアカハネナガ 亜種
P. g. massaicus
Greater Jardine’s
南部のケニアとタンザニア北部の高地に棲息
基亜種に似ているが背中の緑色の範囲は広く、赤色の出は少ない

■コガネハマハネナガ 亜種
P. g. fantiensis
Lesser Jardine’s , Orange-crowened Jardine’s
リベリアから南のガーナに棲息
全体的に色が薄く、額や袖羽が明るいオレンジ色で、やや小型


亜種画像検索
JARDINE’S PARROT

https://www.beautyofbirds.com/jardinesparrots.html

Red-fronted parrot : wikipedia