アポインコ図鑑 Mindanao lorikeet,Trichoglossus johnstoniae

ミンダナオのロリキート、アポインコ

ミンダナオ島の固有種、フィリピンのロリキート「アポインコ」(・Θ・)

Psittacoidea Psittaculidae Loriinae Loriini Trichoglossus
属名:Trichoglossus セイガイインコ属
和名:アポインコ 
英名:Mindanao lorikeet , Mount Apo lorikeet 
学名:Trichoglossus johnstoniae
亜種
Trichoglossus johnstoniae
T. j. johnstoniae
T. j. pistra

別属説もあり
Psittacoidea Psittaculidae Loriinae Loriini Psitteuteles
属名:Psitteuteles クスダマインコ属
学名:Psitteuteles johnstoniae

Size:20cm 48-62g
原産:フィリピン|ミンダナオ島 (1000-2400mの森林地帯) 

アポインコは「ミンダナオ島」の固有種です。

ミンダナオ島はフィリピン共和国でルソン島に次ぐ2番目に大きい島で、第二次世界大戦までは東南アジア最大の日本人コミュニティがあった場所で、数万人の日本人が戦時下で命を落とした場所です。

アポインコはミンダナオ島にあるフィリピン最高峰のアポ山 (2,954 m) を含む2,000m級の山脈の低地~高地を往来しながら生息しています。

アポインコの名前はこのアポ山からの由来です。

基亜種(T. j. johnstoniae)はミンダナオ島の中央と南東、亜種(T. j. pistra)は島の西部に生息。

亜種(T. j. pistra)は頭の赤色が鈍くて頬の黄色が濃く、紫のバンドも薄い様子。

Trichoglossus(セイガイインコ属)ではなくPsitteuteles(クスダマインコ属)との説もあり

IOCではセイガイインコ属、IUCNではクスダマインコ属とされています。

分類については近い将来に最新のDNA塩基配列で決着するのではないでしょうか。

クスダマインコやアカマユインコにも似た容姿ですが、身体は意外にもコセイガイインコにも似ているかもしれません。

下は偶然の写真ですが、境目がどこなのかわからない程めちゃくちゃ綺麗に同化しています(・Θ・)

ろくろ首インコ|アポインコ&コセイガイインコ

アポインコは繁殖が出来ているものの、野生下の生活状況は殆どわかっていない謎多きインコだそうです。

生息地のミンダナオ島で本格的な調査が行われたこともあるようですが、その時は巣すら見つけられずだったとか。

ミンダナオ島は治安が非常に悪い事でも有名で、特に西部のイスラム教徒側はフィリピンで最貧民地帯の1つとされています。

しかし、とても魅力的な探鳥地と言われるほど固有の鳥が豊富で、近年では新種のフクロウが発見されるなどの秘境です。

特に有名なミンダナオ島の固有鳥はソライロヤイロチョウや猿食いフィリピンワシだと思いますが、オウム目もマニアック揃い。

アポインコ、バンジロウインコ、ミンダナオズアカウチワインコ、ズアオウチワインコ、シュバシサトウチョウ、ササハインコ、フィリピンオウムなどのが生息する素敵なエリアであり、紛争地帯だからこそ豊富なのかもしれません。

2019年2月14日、ミンダナオ島西部で2022年に発足するイスラム自治政府の領域が確定し、近く暫定政府が設立されることが発表されました。

フィリピンは人口の5%程度がイスラム教徒で、90%以上はキリスト教徒です。

その5%はミンダナオ島の西部を拠点にしており、1970年頃から独立を掲げてからこれまでに10万人以上の死者をだすイスラム系武装勢力による紛争が続いてきました。

google →ミンダナオ島 イスラム自治政府 住民投票

果たしてどうなるのか注目を浴びています。