ミヤマオウム ロロパーク

私が今回のロロパークで見ることを一番楽しみにしていたインコは

ミヤマインコ(Golden-plumed parakeetLeptosittaca branickii)だったのですが

残念ながらミヤマインコは展示されておらず、繁殖所でも見学出来ずの空振りに。

さらにケアだけではなくカカが展示されていたら良いなという期待倒れもあって

そのとばっちりでミヤマオウムには残念気分…(・Θ・)

とはいえ、ミヤマオウムたち数羽が遊びまわれる良い展示スペースで、これが地元ならば長く眺めていたいところでした。

終始疑問というのか関心したのは、園内の全ての展示場の清潔さ。

ロロパークの所在するテネリフェ島は日本でいうところのハワイやグアムのようなリゾート島なのですが、年中気温が一定の常春でいてスコールどころか殆ど雨も降りません。

こういう施設ではスコールは自動掃除にもなるのですが、それが無いにも関わらず止まり木や岩場などへの糞のこびりつきが殆ど目立たずで非常に綺麗に掃除がされています。

次亜塩素の残り香もあちこちでしたので惜しみなく使っているのでしょう。

また、快適というより逆に違和感が強くなるほど虫がおらず、セミやカエルの鳴き声も一切無し。

トカゲはちょくちょく出くわし、虫もまったく居ないというわけではないのですが、徹底されているのかもしれませんね。

その弊害がどうなのかは知りませんが、ロロパークへ行く時に虫よけは不要でしょう。