冠羽のあるインコ キゴシヘイワインコ & ヘイワインコ について

冠羽のあるインコ、ヘイワインコ(・Θ・)漢字で書くと「平和鸚哥」。

オウムとインコの違いの説明によく使われる「冠羽があるものをオウム」を崩す例外的な存在。

「平和」の由来は調べれていないのですが、学名や英名は「ツノ」が由来。

属名のヘイワインコ属「Eunymphicus」はオカメインコ属「Nymphicus」が頭に「Eu」の2文字を足したものです。

Euは「立派,良い,凄い」あたりの意味。

オカメの「Nymphicus」は「妖精」という意味なので、その上位の存在「立派な妖精」「良い妖精」「凄い妖精」という感じでしょうか。

 

ヘイワインコは1属1種2亜種でしたが、1998年のDNA判定で別種とされ、IOCでも2008年に1属2種へ変更されました。

■左側写真
学名:Eunymphicus cornutus
英名:Horned parakeet
和名:キゴシヘイワインコ(ヘイワインコ)
生息地:ニューカレドニア
RED-LIST:EN
CITES Appendices I
■右側写真
学名:Eunymphicus uvaeensis
英名:Ouvea parakeet
和名:ヘイワインコ
生息地:Ouveaウベア島(ニューカレドニアのロイヤルティー諸島)
CITES Appendices I

CITES I  (2000年)

「キゴシヘイワインコ E. cornutus」と「ヘイワインコ E. uvaeensis」の配色差異は、キガシラアオハシインコとアオハシインコのように結構違う印象をうける文献が一般的だと思うのですが、この右側写真の個体はそれらで見る配色とは違います。

とはいえ左右の2羽は後頭部や冠羽の先端の特徴など明らかに違うので、もし個体差でないとすれば混血?の可能性もあるのかなと思いつつ…


illust by Eunymphicus@wikipedia.org

 

とても立派で凄いヘイワインコ、他の写真もまた追々載せていきます(・Θ・)