オナガアカボウシインコ図鑑|Red-masked parakeet , Psittacara erythrogenys

鮮やかな緑と赤色で映えるクリスマスカラーなオナガアカボウシインコ。

分類:Psittacara属

学名:Psittacara erythrogenys 旧:Aratinga erythrogenys

英名:Red-masked parakeet , Cherry-headed conure

和名:オナガアカボウシインコ

Size:29–33cm , 151-180g

原産:南米|エクアドル西部,ペルー北西部

RED-List NT 2016

CITES:Appendix II

尾羽の長い赤い頭のボウシインコという和名の「オナガアカボウシインコ」。

とても誤解を招きやすい和名ですが、ボウシインコの仲間ではありません。

赤頭のグリーンコニュアが集うPsittacara属(仮:テリハメキシコインコ属)の仲間です。

オナガアカボウシインコ

昔はコニュアといえば大半がクサビオインコ属(Aratinga)に分類されていましたが、現在は随分と再分類されています。

旧:Aratinga erythrogenys → 新:Psittacara erythrogenys

Psittacara」の由来はギリシャ語で「psittake = parrot」と「kara = head」を繋いだもの。

矮小名の「erythrogenys」もギリシャ語で「eruthros = Red」と「genus = cheek」を繋いだものです。

赤い頬というのは今ひとつ伝わらない気もしますが、日本語とのニュアンスは違うのかもしれませんね。

スペイン語名だと「Aratinga de Guayaquil」で、南米グアヤキルのアラティンガ。

原産は南米のエクアドル西部~ペルー北西部の沿岸側。

生息域が広いとは思えませんが、適応能力は高いようで、アメリカやスペインほかヨーロッパでは幾つものエリアで篭脱けが外来種として定着しています。

アメリカでの定着地域は、カリフォルニア,サンディエゴ,サンフランシスコ,ロサンゼルス,ハワイなど。

IamNikonオナガアカボウシインコ

通常は12羽程度の群れのようですが、ねぐらには200羽程度が集まります。

エクアドルにある南米有数の大都市サンティアゴ・デ・グアヤキル Santiago de Guayaquilでは数千羽の群れが観測されたこともあるようです。

CITESはII類でRED-ListもNTで、まだ大きな懸念とはされていませんが、一部地域では大幅に減少しているとされています。

ズグロとズアカのインコ

サイズ感はまさに南米150-200級で、嘴の象牙色が赤い頭を軽い印象にしています。

うちでは大人しくて静かな印象が強いものの、鳴き声は中型コニュアらしい猛烈なけたたましさがあると言われ、実際本気で鳴けばそれなりの声量です。

香りはクサビオインコ属よりはメキシコインコ属寄りな気もしますが、アケボノインコ属のような独特なものではない印象。

AVIAN AVENUEなど海外のサイトをみていると、オナガアカボウシインコと同属のベニガオメキシコインコ,ミドリズアカインコ,ノドアカインコあたりとオナガアカボウシインコのハイブリッドが見られます。

ハイブリッドや色変種は基本的にあまり好まないのですが、もともと同系列の似た種だけに違和感が無いですね。

オナガアカボウシインコは日本での人気は低くという以前にそもそも殆ど流通していませんが、稀に見るコはみな可愛く、とても好きなインコの1つです。

[広告]