キバラメキシコインコ図鑑|Sulphur-breasted parakeet , Aratinga maculata

キバラメキシコインコについて

野生で新しく発見されたわけではありませんが、2009年から新種として正式に分類されるようになったブラジル原産のインコ。

コガネメキシコインコの近縁種で、翼の斑模様と黄色の目立つ容姿が特徴的。

出会える機会がなく写真はありませんが、いつかの縁を願って…

 

 

https://i0.wp.com/www.researchgate.net/profile/Luis_Silveira5/publication/232685813/viewer/AS:191792118853632@1422738212144/background/1.png?resize=660%2C961&ssl=1
キバラメキシコインコ|Sulphur-breasted parakeet , Aratinga maculata

キバラメキシコインコの基本情報

分類:Aratinga

学名:Aratinga maculata

旧学名:Aratinga pintoi or Aratinga solstitialis pintori

亜種:ナシ

和名:キバラメキシコインコ , 黃腹墨西哥鸚哥

英名:Sulphur-breasted parakeet

ドイツ名:Schwefelbrustsittich

スペイン名:Aratinga Pechisulfúrea

ポルトガル名:cacaué

性差:外見上の羽色違いはナシ

原産:南米|ブラジル連邦共和国,スリナム共和国

CITES Appendices II

IUCN RED-List LC 2016
Category:Least concern - Wikiwand

新種としてのキバラメキシコインコ

キバラメキシコインコは人の生活圏に分布しており、珍しいインコだったわけではありません。

以前はコガネメキシコインコの亜種とされたり、コガネとナナイロメキシコインコの交雑種とされる事もあり、種としての分類があやふやで見解のわかれるインコでした。

ようやく2009年に種として認定され、IOCやIUCNな大きな機関でも正式に分類されるようになりました。

サンパウロ大学のLuís Fábio Silveira博士らの研究チームによって、分類学的所見からキバラメキシコインコを種と唱えたジャーナルがこちらに掲載されています。

A new species of Aratinga Parakeet from Brazil, with taxonomic remarks on the Aratinga solstitialis complex

キバラメキシコインコの分布

キバラメキシコインコの分布は南米北東部で、原産国はブラジル連邦共和国とスリナム共和国。

ブラジルでは、アマゾン川本流の港湾都市サンタレン(Santarém)付近を中心に、西はアマゾナス州の最東端ナムンダ、東はジャリ川との合流湾や少し上流に向かったラランジャウ・ド・ジャリあたりに分布。

スリナムでは、ブラジルとの国境地帯にあるSipaliwini Savanna Nature Preserve国立公園で確認されています。

IUCN RangeMap参照

 

キバラメキシコインコの容姿

漢字表記は黄腹墨西哥鸚哥で、黄色い腹と表されています。

腹というより全体的にコガネメキシコの黄色を強くした印象で、斑な羽模様も特徴的。

英名ではSulphur-breasted parakeetで、キバタンの英名Sulphur-Crested Cockatooの冠色と同じく黄色を特徴とした命名です。

野生下における写真を見ていると色模様のバラツキは大きいように感じます。

個体によってはナナイロメキシコインコとの交雑種を連想させるような配色に思えるものもいます。

キバラメキシコインコの学名由来

2009年には学名の変更も行われました。

現在の学名は「Aratinga maculata(アラチンガ・マクラタ)」。

語源はラテン語の「maculatus」で、「spotted/斑点」という意味合いです。

2009年までの文献では古い学名「Aratinga pintoi」で記載されています。

pintoiの由来はブラジルの動物学者オリベリオ・ピント(Olivério Mário de Oliveira Pinto)博士の名前からの命名。

キバラメキシコインコの分布域は、コガネメキシコインコよりもずっとアマゾン川の下流側で、飛び地的にそこから北側のスリナムとの国境付近に群れが確認されています。

生息数はコガネメキシコインコよりも多くて安定しており、コガネメキシコインコが絶滅危惧種としてのグレードが上昇したのは、このキバラメキシコインコの昇格も影響しています。

 

[広告]