営巣中 クラハシコウについて

営巣中のクラハシコウ

身長150cmほどで両翼を広げると3m近くにもなり、コウノトリ最大クラスのクラハシコウ

原産地はアフリカ、オカバンゴ湿地でも代表的な鳥。

その特徴的なクチバシを馬の鞍に見立てて名付けられた名前ですが、その胸部にも大きな特徴があります。

胸にぽっかりと羽が生えていない部分があり、一羽しか知らないのであれば毛引きや病的なものと勘違いしてしまうかもしれません。

ここは卵をあたためるために進化した場所。

クラハシコウは他のコウノトリの仲間と違って卵を1つしか産みません。

群れることも無く、単独または番で行動します。

オスメスの違いで一番わかりやすいのは虹彩で、オスは暗褐色でメスは明るい黄色。

クラハシコウ

クラハシコウ Saddle-billed Stork

クラハシコウ

コウノトリ目 コウノトリ科 Ephippiorhynchus属 クラハシコウ(Saddle-billed stork)

クラハシコウの「コウ」はコウノトリの「コウ」。

ハシビロコウの「コウ」も同様ですが、あちらはペリカン目に変遷されたので名前だけの名残り。

掛川花鳥園で初めてクラハシコウを見た時にはハシビロコウと同じく相当なインパクトを感じましたが

ハシビロコウと違って世間の人気も認知度も全然無いのが非常に残念なところ。

ただ、日本で見れるのは、掛川花鳥園のモロさんと、宮崎市フェニックス自然動物園のペアだけでしょうかー

@ジュロン・バードパーク