ネズミガシラハネナガインコ亜種 カノネズミガシラハネナガインコ カノネズミガシラ

オレンジ色の腹色をしたネズミガシラハネナガインコは亜種のカノネズミガシラ。

和名:カノネズミガシラハネナガインコ(カノネズミガシラ)
英名:Reichenow's Orange-bellied Parrot
旧学名:Poicephalus senegalus mesotypus
現学名:Poicephalus senegalus senegalus

ネズミガシラハネナガインコ(セネガルパロット)はサハラ砂漠南縁部のサヘル地域と呼ばれる地域などに生息するハネナガインコ属の1種。

原産はアフリカ西海岸のセネガル共和国から東にかけてマリ、ブルキナファソ、ニジェール、ナイジェリア、カメルーン、中略、チャド共和国の南西部あたりまで。

生息地域の中でも最東側の原産国、ナイジェリア東部と北東部,カメルーン北部,チャド共和国南西部に生息する腹の色がオレンジ色のものは亜種「カノネズミガシラハネナガインコ(カノネズミガシラ)」とされます。

但し、IOCでは1997年に基亜種へ統廃合したため、2018年現在の分類上のカノネズミガシラは抹消されています。

とはいえ本来の基亜種の腹色は黄色で、見た目の印象が大きく違うことから、区別されている場合が多いように思います。

さらに繁殖ものは混ざっている可能性がありますが、もう1亜種は腹の色が赤く、「アカハラネズミガシラ」といいます。

ネズミガシラハネナインコの流通はすっかり減ってしまっていますが、とても素敵なインコです。

セネガルパロット #ネズミガシラハネナガインコ

セネガルを代表するインコ、セネガルパロットことネズミガシラハネナガインコの基亜種(Poicephalus senegalus senegalus)は色合いもセネガルっぽく(・Θ・)

おぴ~@コザクラインコ時代にも迎えかけていた、とても好きなインコの1つ。