ハネナガインコとニョオウインコ

どちらも希少種ですが、とても希少なハネナガインコ(Poicephalus robustus|Cape Parrot)。

10年ほど前だとハネナガインコは日本でも流通するトウアオオハネナガインコ(Poicephalus fuscicollis suahelicus)やその基亜種で希少種のセイアオオハネナガインコ(Poicephalus fuscicollis fuscicollis)の基亜種とされていました。

ただ、このハネナガインコの展示はPoicephalus robustusとされていましたが、幼鳥だからなのかセイアオオハネナガインコに見えなくも、、、

展示表記が間違っていたのか私の認識が違っているのか、成鳥の姿を見たいものです。

よくよく考えると、セイアオオハネナガインコは再分類される前の学名はPoicephalus robustus fuscicollisなので、Poicephalus robustusという展示表記はハネナガインコというわけではなく、一括にしたハネナガインコという意味なのでしょう。

そうなると、やはりハネナガインコではなくて、セイアオオハネナガインコなのでしょう。

 

[広告]

膝枕。 #オオハネナガインコ #トウアオオハネナガインコ

つぶらな瞳で可愛い視線を送ってくる膝枕中のトウアオオハネナガインコ(・Θ・)

トウアオオハネナガインコは漢字名だと「東阿大羽長鸚哥」で意味がわかりやすい。

オオハネナガインコの亜種(別種とされる説の方が有力か)の1つで、東アフリカに生息します。

もう1つの亜種セイアオオハネナガインコは「西阿大羽長鸚哥」で西側。

日本で流通しているオオハネナガインコはトウアオオハネナガインコのみだと思われます。