アケボノインコ属 Pionusの由来と発音 ピオヌス or パイオナス について

ピオヌス パイオナス アケボノインコ属

アケボノインコ属 pionus

アケボノインコをはじめとした下記の9基亜種とその亜種から構成されます。

アケボノインコ
アケボノインコモドキ
シロガシラインコ
スミレインコ
ドウバネインコ
バラガシラインコ
メキシコシロガシラインコ
ヨゴレインコ
アオアケボノインコ ※アケボノインコの亜種から基亜種に昇格

アケボノインコ属Pionusの由来

このアケボノインコ属の国際的な学名は「 Pionus 」とされています。

Pionusの語源はギリシャ語で「太った」「肥えた」といった意味合いの「piōn (pionos)」が「Pionias」となり「Pionus」と変化したようです。

体型を比喩した由来で、「ぽってり」「ずんぐりむっくり」といったニュアンスでしょうか。

煮詰まった体型のためか卵もかなり大きく感じます。

Pionusの発音 ピオヌス or パイオナス

このPionusの発音を巡っては「ピオヌス」or「パイオナス」で意見が二分される事が多いようです。

カタカナ表記にする事自体が正解ではないのでしょうが、あえて正解とするならば…

学名というのは英語ではなくラテン語です。

ラテン語はローマ字読みが一般的なので「ピオヌス」と発音するのが正解です。

但し、英名でも「 Pionus 」なのです。

その意味では「パイオナス」と発音するのが正解です。

そして、例えばアケボノインコの標準英名は以前「Blue-headed Pionus」でした。

※現在の標準英名はPionusをParrotに置き換えてBlue-headed Parrot

この英名を英語で発音するには「ブルーヘッデッド パイオナス」が正解でしょう。

アケボノインコ

国際学会で喋っているのを私の頼りない耳で聞き取った限りではヨーロッパ人や南米人は「ピオヌス」、アメリカ人は「パイオナス」と発音されていました。

どちらでも良いと思いますが、強いて言えば個人的には「ピオヌス」優先で、通じなければ「パイオナス」としています。

Lotus Feather

アケボノインコの学名 Pionus menstruus の由来

語源は「menstrual」で、月経の意味だそうです(・Θ・)
アケボノインコは英名の別称で「Red-vented parrot」とも呼ばれます。
アケボノインコだけではなくアケボノインコ属全般の特徴でもあるのですが、尾羽の裏側(コヴァート)が鮮やかな赤色が広がっています。

アケボノモドキ

アケボノインコモドキの学名 Pionus maximiliani の由来

由来はドイツ人のMaximilian zu Wied-Neuwied/マクシミリアン・ツー・ヴィート氏に因んだ命名です。

ドウバネインコ

ドウバネインコの学名Pionus chalcopterus の由来

語源はギリシャ語の「khalkopteros」で、銅や金属的な翼を意味するようです。
10円玉の銅色ではなく、飛翔時の美しい羽色で納得できる青銅色ですね。
英名の「Bronze-winged Parrot」がまさにその意図を汲んだ命名なのでしょう。

スミレインコの学名 Pionus fuscus の由来

ラテン語の「Fuscus」は「Brown(褐色)」を意味します。
和名やドイツ名など多くは紫色に因んだ綺麗な響きの命名をされていますが、標準英名はDuskyParrot(ゴミのインコ)と酷い命名に…

メキシコシロガシラインコの学名 Pionus senilis の由来

ラテン語の「senilis」は「白髪の老人」を意味します。

 

バラガシラインコの学名 Pionus tumultuosus の由来

ラテン語の「tumere」「tumultus」の品詞?が「tumultuosus」となったようです。
「騒がしい」を意味します。

バラガシラインコの絶叫を耳にしたことはありませんが、本気鳴きを耳にしたことのあるアケボノインコ属のみなさんは個人的にはかなり不快な耳障りさです(・Θ・)

ヨゴレインコの学名 Pionus sordidus の由来

ラテン語の「sordidum」で、「汚れ」を意味します。
スミレインコの英名よりはマシかもしれませんが、大概ですね(・Θ・)