シロガシラインコ White-capped Parrot Pionus seniloides について

2基亜種いるシロガシラの南米側、シロガシラインコ。

Psittaciformes Psittacidae Pionus seniloides
属名:Pionus アケボノインコ属
和名:シロガシラインコ
英名:White-capped Parrot
別称:White-headed Pionus
学名:Pionus seniloides
原産:南米アンデス山脈など|ボリビア,ベネゼエラ,コロンビア,エクアドル,ペルー
Size:26-30cm 230g
RED-List
亜種:無

日本で流通しているのはメキシコシロガシラインコで、シロガシラインコを私自身は国内で見たことがありません。

原産はシロガシラインコは南米の北西側、メキシコシロガシラは名前の通りメキシコから中米へかけて生息していて、見た目もそう間違えるほど似ているとは思いません。

しかし、名前に関しては和名も英名も学名も似ていて、とても紛らわしい2種です。

シロガシラインコ
メキシコシロガシラインコ

Pionus seniloides
Pionus senilis

White-capped Parrot
White-crowned Parrot

さらに、最近までシロガシラインコはバラガシラインコ(Pionus tumultuosus)の亜種という説もあって、紛らわしさに輪をかけてくれていました。

学名の意味も似ていて

シロガシラインコの「seniloide」はスペイン語の「老人」。

メキシコシロガシラの「senilis」はラテン語の「年配、老人」。

どちらも「白髪の老人」を意味しているようです。