チュウコミドリコンゴウインコ Noble macaw について

白き高貴な亜種、チュウコミドリコンゴウインコ(・Θ・)

Psittaciformes Psittacidae Diopsittaca nobilis cumanensis
属名:Diopsittaca コミドリコンゴウインコ属
和名:チュウコミドリコンゴウインコ(コミドリコンゴウインコ亜種)
英名:Noble macaw 
学名:Diopsittaca nobilis cumanensis 
亜種:3
Diopsittaca nobilis
D. n. nobilis
D. n. cumanensis ※当亜種
D. n. longipennis 

原産:ブラジル北部から北東部のアマゾン下流地域の南部
Size:30cm 129–169g

コミドリコンゴウインコの分類は単独でコミドリコンゴウインコ属(Diopsittaca)を基亜種1種+2亜種で構成しています。

随分前はコンゴウインコ属(Ara)に分類されていて、学名はAra Nobilisでした。

「Nobilis」は古代ローマ貴族で最高位の層のことで、高貴な意味をもちます。

チュウコミドリコンゴウインコ(Noble macaw , Diopsittaca nobilis cumanensis)は、基亜種のコミドリコンゴウインコを見馴れているほど違和感を覚える亜種です。

cumanensis(クマネンシス)の語源は Cumaná = Sucre = 砂糖 と思われるのですが、白さを表しているのでしょうか。

もしそうれあればチュウコミドリコンゴウインコは基亜種よりも一回り大きなことと白い嘴が特徴なので腑に落ちます。

 

Mini Macawとも呼ばれるコミドリコンゴウインコは大型コニュアとのハイブリッドを試みる人もいて、ベニガオメキシコインコとの交配があったとか何とか記されているものもあります。本当にそうだろうと思える写真は見当たらずですがー

積極的に見たくも試みて欲しくもありませんが、可能性としてはベニガオメキシコインコよりはニョオウインコの方が有り得そう。