コスミレコンゴウインコ Lear’s Macaw について

コスミレコンゴウインコ

もう1つのスミレコンゴウインコ、インディゴブルーのコスミレコンゴウインコ。

学名:Anodorhynchus leari 
英名:Lear's Macaw
和名:コスミレコンゴウインコ
Size-Weight : 25cm 950g

Andorrhynchus属

■コスミレコンゴウインコ Anodorhynchus leari Lear’s Macaw , Indigo macaw
■スミレコンゴウインコ Anodorhynchus hyacinthinus Hyacinth Macaw
■ウミアオコンゴウインコ Anodorhynchus glaucus Glaucous Macaw

コスミレコンゴウインコはAndorrhynchusに属する大型インコで、上記の3種(ウミアオコンゴウは絶滅)で構成されます。

学名「Andorrhynchus leari」の由来は、岐阜大の楠田先生に伺った話と合わせると

ラテン語で属名は「 a(無い) nodo(ギザギザ,結び目) hynchus(クチバシ)」で

Leariは著名なイギリスの画家エドワード・リア Edward Lear に由来するもの。

エドワード・リアの絵を画像検索すると鳥類や動物は勿論ですが、画風が不思議の国のアリスのルイス・キャロルに影響を与えたというのも納得します。

 

コスミレコンゴウインコ(別称:レイヤーズマコウ,インディゴマコウ)は実物を見るまで冴えない小型のスミレコンゴウインコを想像していましたが、スミレコンゴウインコとはまた違った美しさと可愛らしさ。

コスミレコンゴウインコはスミレコンゴウインコと違ってお金を積んでも買えない類の鳥ですし、そもそも日本でお目にかかることは今後も無いでしょうがー

コスミレ、良いね!(・Θ・)

ほんの20年ほど前には200羽前後にまで数を減らしてしまい、絶滅寸前にまで追い込まれていたコスミレコンゴウインコですが、現在では繁殖が成功してじわじわと数を増やしつつあります。

一般人が気軽に見るにはLoroParque,San Diego Zoo,Sao Paulo Zoo,そして昨年2017年末から展示のJurongBirdParkあたりで。