ニセズグロオビロインコ Fergusson Island Lory について

ニセ者でレア者でハイコストのニセズグロオビロインコ

Psittacoidea Psittaculidae Loriinae Loriini Lorius
属名:Lorius オビロインコ属
和名:ニセズグロオビロインコ
英名:Fergusson Island Lory
学名:Lorius hypoinochrous devittatus 
Size:26-27cm 137-240g
原産:南東ニューギニア、ビスマルク諸島、ファーガソン島

オビロインコ属ズグロオビロインコの亜種、ニセズグロオビロインコ。

ファーガソンの名前が付いている通り、ファーガソン島周辺にも生息している模様。

基亜種のズグロオビロインコとの違いや特徴をWorldParrotTrustでは

Greater underwing coverts lack black margins.

と記しています。

ズグロオビロインコを見慣れていないと目視判断は難しいそう。

別の亜種ズアカオビロインコ(L. h. amabilis Rossel Island Lory)は、このニセズグロオビロに統合された模様。合わせてロッセル島にも生息ということに。

ズグロオビロインコは現在3亜種で構成されています。

Lorius hypoinochrous 
ズグロオビロインコ Purple-bellied Lory

L.h.devittatus
ニセズグロオビロ Devittatus Lory / Fergusson Island Lory

L.h.hypoinochrous
ズグロオビロインコ(基亜種) Purple-bellied Lory

L.h.rosselianus
シマズグロオビロインコ Rossel Island Lory 

L.h.amabilis 
ズアカオビロインコ Stresemann's Lory ,New Britain Lory →L.h.devittatusに統廃合

日本での流通を目にした事はありませんが、アオキコンゴウインコに近い卸値が付いているという高級ローリー(・Θ・)