真★ズグロインコ

昨今のペットインコ市場で「ズグロ」といえばズグロシロハラインコを指す傾向ですが、ズグロゴシキインコ、オトメズグロインコをはじめ

ズグロなんちゃらインコ、なんちゃらズグロインコ、のズグロシリーズは沢山います。

しかし、なんちゃらの付かない正真正銘の「ズグロインコ」こそが「ズグロ」の略称に相応しい存在でしょう。

とはいえ、流通しているズグロシリーズは圧倒的にズグロシロハラインコなので、仕方無いですねー

正式な標準和名だけではなく、素性の知れない通名も含めてズグロシリーズを改めてリストアップして数えてみたところ、、、

●ズグロシロハラインコ
⊿ニシズグロシロハラインコ
●ズグロコセイインコ
■ズグロサメクサインコ
○ズグロメキシコインコ(標準和名:クロガミインコ)
○ズグロキカタオウム(標準和名:ヒスイインコ)
●ズグロヒメコンゴウインコ(通名:アカハラヒメコンゴウインコ)
●ズグロゴシキインコ
●ズグロインコ
●ズグロオビロインコ
●シロエリズグロインコ
●ヨダレカケズグロインコ
●オトメズグロインコ
⊿アカエリオトメズグロインコ
⊿ジョビオトメズグロインコ
⊿フンボルトオトメズグロインコ
⊿サルバドリオトメズグロインコ
⊿ムネアカオトメズグロインコ

オトメズグロ亜種はともかく、●印を付けた山階公式な標準和名のズグロシリーズだけでもこうしてみると結構いますね。

余談で、ズアカなんちゃらインコシリーズも結構いるのですが、なんちゃらの付かない真ズアカインコは存在しません。

ズグロインコ|Purple-naped lory,Lorius domicella

[広告]

黄色い初列風切羽 #ズグロインコ

鮮烈な赤色ボディと黄色い初列風切羽が眩しいズグロインコの裏側。

よく参考にしてる洋書辞典ではズグロインコの翼の裏側をイラスト図解で

初列風切羽だけはなく次列風切羽から三列風切羽に至るまで黄色で描写しています。

それはズグロインコに限らず、同属(Lorius オビロインコ属)のヨダレカケズグロインコ,オトメズグロインコあたりも皆そう描写しています。

ですが実際にはそうでは無く、高評価の図鑑でもこういった誤りはあります。

 

掛川花鳥園2005 #ズグロインコ らしき

ローリーの過去写真を探している際に、2008年の掛川花鳥園でズグロインコらしきを撮っていたものが目に止まり、しばし当時を思い返してみるも

オトメズグロインコとヨダレカケズグロインコがいた事は覚えているものの、ズグロインコ記憶から抜けていました。

ただ、ズグロインコにしては違和感もあるため、掛川花鳥園公式ブログの過去記事を探してみると

この写真の撮影日から3年後の2008年の掛川花鳥園公式ブログにズグロインコのを紹介記事がありました。

---

「このズグロインコは、当園でオトメズグロインコとヨダレカケズグロインコとの交配(ハイブリッド)によって生まれました。」

---

公式で交雑種をズグロインコと紹介しているのはどうかと思いますが、ぱっと見でズグロインコっぽく見えますしねー…

違和感はハイブリッドだからでしたが、逆にハイブリッドと思ってみれば妙にハイブリッドっぽくない自然な混ざり具合とも言えます。

ついでに、その記事で一緒に紹介されているのレモンロリキートとうのはコセイガイインコのオリーブあたりの色変わり品種の愛称でしょうか。

 

 

招かざるシロビタイムジオウムを蹴散らすズグロインコ

仲良し中のズグロインコたちを録りはじめると、予想外かつココしかないという位置に飛んできたシロビタイムジオウム。

カットもトリミングも無しでこれは凄いわと思わず笑った16秒(・Θ・)

https://www.youtube.com/toumoto

LoryLoft ロリーロフト

ロリーロフト

エサを買えば(お金を出せば)漏れ無くローリー&ロリキートたちから人気者になれる場所。

きっと一般的には一番の人気エリア「LoryLoft(ロリーロフト)」

JurongBirdParkの看板は多言語にも配慮したものが数多くあり、日本語表記もあって非常に助かります。

ただ、誤訳もちょこちょこあって目を惹くのですが、ロリーロフトも心に残る1つ。

「カンムリベト」という看板もあるのですが、これはきっと「バ」の上部の空白を勘違いして「ベ」に見えたのでしょう。

知らない言語の文字なんて記号の羅列ですからねー