イロドリインコ属オナガパプアインコ(タケイオナガパプア) Papuan lorikeet 

オウム目インコ科ヒインコ亜科イロドリインコ属オナガパプアインコ
(パプアオナガインコではありません)

英名:Papuan Lorikeet (旧英名:Stella Parrakeet)
学名:Charmosyna papou (旧学名:Charmosyna stellae
亜種:4
C. p. papou 基亜種
C. p. goliathina
C. p. wahnesi
C. p. stellae

このオナガパプアインコの属するイロドリインコ属Charmosyna papouには14種の仲間がいます。(そのうち「アカジリムジインコ」は絶滅したかもしれません)

このオナガパプアインコは赤と緑を基調にした鮮やかな色合いや、体の大きさと比較して極端に長い見事な尾羽をもち「世界一美しいインコ」の1つとして名前があがるほどです。

パプアオナガインコには性差があって、メスは背中に黄色が入ります。

この写真の個体は野生下でも定着しているの黒バージョンで、亜種 C. p. goliathina タケイオナガパプアインコ

 

※ノーマルカラー 出典:Papuan lorikeet wikipedia
オナガパプアインコ