皇后鸚哥。コウゴウインコ Josephine’s lorikeet について

皇后の称号を和名にもつロリキート、コウゴウインコ(・Θ・)

Psittacoidea Psittaculidae Loriinae Loriini Charmosyna 
分類:オウム目 インコ科 ヒインコ亜科 ヒインコ族 イロドリインコ属 
和名:コウゴウインコ 
英名:Josephine's lorikeet
学名:Charmosyna josefinae 
亜種:3
Charmosyna josefinae
C. j. josefinae コウゴウインコ(基亜種) Josephine's Lorikeet
C. j. cyclopum ベニコウゴウインコ Cyclops Mountain Lorikeet
C. j. sepikiana セピクコウゴウインコ Sepik Lorikeet

Native:ニューギニア島(インドネシア共和国,パプアニューギニア独立国)
Size:23–25cm 68g  

皇帝の正妻を意味する称号「皇后(こうごう)」を和名にもつコウゴウインコ。

立派な名前ですが「コウゴウインコ」を検索しても「コンゴウインコ(macaw)」の誤字ばかりで、その間違いっぷりにの多さに驚きます。

亜種がまた「ベニコウゴウインコ」で「ベニコンゴウインコ(macaw)」と紛らわしく、漢字表記も「皇后鸚哥」は「后鸚哥(キサキインコ)」と混同されかねないですね。

学名や英名のjosefinae(ジョセフィーヌ)は、ドイツの鳥類学者FriedrichFinschの最初の妻の名前が由来です…

 

コウゴウインコはヒインコ亜科ヒインコ族イロドリインコ属(14基亜種)に分類されるロリキートで、基亜種を含めて3亜種とされています。

オナガパプアインコとは容姿が似ている通り同属です。

2番目に基亜種の多いセイガイインコ属(Trichoglossus)の13基亜種と合わせると、この2属だけでローリーロリキートの半数近くを占める事になります。

 

生息地はニューギニア島で、大きくわけて東西中央の3エリアで、それぞれ3亜種にわかれます。

ニューギニア島は東西で国家が違うため、どちらに生息するかは取引上でとても大きな違いがあるのでしょう。

基亜種とベニコウゴウインコは西側の「インドネシア共和国(かつてはオランダ領)」で、セピクコウゴウインコは東側の「パプアニューギニア独立国(かつてのイギリス領)」にも生息します。

 

アオミミインコ Red-flanked Lorikeet

ビスマルクからハルマヘラにかけてニューギニア周辺に生息するロリキートで

耳のあたりの青い音色が和名の由来となっているアオミミインコ。

メスだけみると黄色い耳なので名前の連想は難いですね。

英名のRed-flanked Lorikeet(脇腹の赤いロリキート)もオスだけの特徴。

属:イロドリインコ属
和名:アオミミインコ
英名:Red-flanked Lorikeet
学名:Charmosyna placentis

亜種5
Charmosyna placentis intensior
Charmosyna placentis ornata
Charmosyna placentis pallidior
Charmosyna placentis placentis
Charmosyna placentis subplacens

 

イロドリインコ属オナガパプアインコ(タケイオナガパプア) Papuan lorikeet 

オウム目インコ科ヒインコ亜科イロドリインコ属オナガパプアインコ
(パプアオナガインコではありません)

英名:Papuan Lorikeet (旧英名:Stella Parrakeet)
学名:Charmosyna papou (旧学名:Charmosyna stellae
亜種:4
C. p. papou 基亜種
C. p. goliathina
C. p. wahnesi
C. p. stellae

このオナガパプアインコの属するイロドリインコ属Charmosyna papouには14種の仲間がいます。(そのうち「アカジリムジインコ」は絶滅したかもしれません)

このオナガパプアインコは赤と緑を基調にした鮮やかな色合いや、体の大きさと比較して極端に長い見事な尾羽をもち「世界一美しいインコ」の1つとして名前があがるほどです。

パプアオナガインコには性差があって、メスは背中に黄色が入ります。

この写真の個体は野生下でも定着しているの黒バージョンで、亜種 C. p. goliathina タケイオナガパプアインコ

 

※ノーマルカラー 出典:Papuan lorikeet wikipedia
オナガパプアインコ