ミヤマオウム x アオキコンゴウインコ

アオキコンゴウインコにハイキックを浴びせるミヤマオウム。

樹上での落とし合いはウェイトが上のミヤマオウムの方が有利なようで、アオキコンゴウは連敗でしたが何度も楽しそうに挑んでおりました(・Θ・)

 

[広告]

ミヤマオウム,ミヤマインコ ロロパーク

今回のロロパークで一番楽しみにしていたのはミヤマインコ(Golden-plumed parakeetLeptosittaca branickii)でした。

オウム会議の看板に大きく載っているので勘違いをしておりましたが、残念ながらミヤマインコはロロにもおらず。

ミヤマオウム(Kea|Nestor notabilis)は展示されていましたがー

ケアについては、カカ(New Zealand Kaka|Nestor meridionalis)を期待していたのですが、こちらもロロには居ないようで残念。

ミヤマオウムの展示スペースはとても良い感じで、これが地元ならば長く眺めていたいところでした。

ロロパークで最も気になった点は、園内の清潔さ。

ロロパークの所在するテネリフェ島は日本でいうところのハワイやグアムのようなリゾート島なのですが、年中気温が一定の常春でいてスコールどころか殆ど雨も降りません。

こういう施設ではスコールがあると自動掃除になるのですが、それが無いにも関わらず止まり木や岩場などへの糞のこびりつきが殆ど目立たちません。

次亜塩素の残り香もあちこちでしましたので、非常に清掃と消毒に力が入っているのでしょう。

また、快適というより違和感が大きいほど虫がおらず、セミやカエルの鳴き声も一切ありません。雨が無ければ蚊の発生源も絞れるのでしょうがー

トカゲにはちょくちょく出くわし、虫もまったく居ないというわけではないのですが、駆除が徹底されているのかもしれませんね。

その良し悪しや弊害があるのかどうかは知りませんが、ロロパークへ行く時に虫よけは不要です。