生きている化石鳥 #マウスバード #チャイロネズミドリ

数々の際立った特徴をもつネズミドリ目は現存する鳥類に近縁が存在しない古代の遺存種(生きた化石)。

ネズミドリの名は英名「Mousebird」の直訳で、その由来はボサボサした羽の容姿と木々の枝をリスやネズミのように走り渡っていく動き回るからだと言われています。

羽がボサボサになるのは、ダチョウと同じく羽鉤(はねかぎ)というマジックテープのような構造が無いためで、古代の鳥類には羽鉤が無かったとされています。

三角頭巾の冠羽や非常に長い尾羽根にクチバシも特徴的なのですが、

最大の特異点は器用な趾で、第一指から第四指のすべてが前を向いている「皆前趾足」。

第一指と第四指は後ろにも向けることが可能で、木の枝を走り回るのに適しているとされています。

チャイロネズミドリ(Speckled Mousebird)はネズミドリ目2属6種でもっともメジャー種でアフリカ(サハラ以南)で一般的に見ることが出来ます。

Mousebird

▼ネズミドリ目
■ネズミドリ属 Colius
Colius striatus, チャイロネズミドリ, Speckled Mousebird
Colius leucocephalus, シロガシラネズミドリ, White-headed Mousebird
Colius castanotus, コシアカネズミドリ, Red-backed Mousebird
Colius colius, セジロネズミドリ, White-backed Mousebird
■オナガネズミドリ属 Urocolius
Urocolius macrourus, アオエリネズミドリ, Blue-naped Mousebird
Urocolius indicus, アカガオネズミドリ, Red-faced Mousebird

世界最小級インコたち。 #テリルリハインコ #カルカヤインコ

隣のカルカヤインコのケージへ散策を試みるテリルリハインコ(・Θ・)

共にメスは巣箱の中ですが、テリルリハインコはオスも巣箱から殆ど出てこない夫婦で巣ごもりタイプ。

このテリルリハインコとカルカヤインコの2種は一般?で飼えるインコの中では共に世界最小級。

テリルリハインコは、マメルリハインコなどが属するルリハインコ属の中で最小級かつ、南米最小級(アオメルリハとテリルリハはほぼ同等?)。

カルカヤインコは、ラブバードことボタンインコ属の最小種かつ、アフリカ最小級。

個体差もあるでしょうし計測した絶対数が少ないものの、体重で言えばカルカヤインコの方が一回り小さく、テリルリハはアマゾン的なもっちり感で、カルカヤインコは身軽な感じ。

ニューギニアには比較にもならないハチドリ級の世界最小アオボウシケラインコ(約10㌘)がいますが、これは私では見ることも叶いません。

オウム目最大級のスミレコンゴウインコと並べて撮ってみたいものです(・Θ・)

ダイリュートシナモン #バードカフェオアシス

ホオミドリウロコインコの色変わり、シナモンのダイリュート。

American Dilute-Cinnamon,Green-cheeked Parakeet

ホオミドリウロコインコの色変わりに拍車を掛けた「ダイリュート」。

くすんだ色味になるダイリュートは「薄める」といった意味合いからきたもので、ノーマルに掛かるだけではなく、シナモンやワキコガネなどの色変わりにも掛かります。

パイナップル(ワキコガネとシナモンの複合)にダイリュートが掛かると「サンチーク(ダイリュートパイナップル)」となったり、ミントやムーンチークなどの新品種にはダイリュートがあってこそ。

それらの新品種はSteve Garvin氏のThe Feather Treeで閲覧出来ます。

もはやホオミドリウロコインコの色変わりも私では理解が難しいものになってきましたが、色だけの好みでいえば赤くない鮮やかなイエローサイデッドが一番好き(・Θ・)

 

バードカフェ オアシス

シロハラインコ属の分類 Caique / Pionites について

シロハラインコ属 Caique / Pionites

オレンジ色のインコ

書き直し中…

シロハラインコ属は「ズグロシロハラインコ」「シロハラインコ」の2基亜種とその亜種から構成され、通称でCaique(カイク-,カイク,カイキ)とも呼ばれます。

シロハラインコ属の学名は「Pionites(ピオニテス)」で、「Pionus(アケボノインコ属)」に似ているという意味です。

アケボノインコ属のPionus(ラテン語発音:ピオヌス,英語発音:パイオナス)とは「ぽってりした」というようなニュアンスで、アザラシのよう体型のことです。

ローリー&ロリキートを彷彿するような面白い動きをするインコで、活発で寝転がったり数羽で激しくじゃれ合います。

どのインコも1羽飼いよりも2羽飼いを勧めますが、そららの種よりももっとも複数羽飼いをすすめたいインコです。

海洋堂シロハラインコ

原産は南米のアマゾン川流域の森林で、ブラジルやスリナム、ガイアナ~ペルーやコロンビア、エクアドルなど広範囲に広がります。

シロハラインコ属の5亜種(基亜種2+亜種3)の生息地域を地図でみるとアマゾン川で分断されており、特にズグロシロハラインコとシロハラインコでは アマゾン川の北部と南部にわかれます。

シロハラインコよりもズグロシロハラインコの方がワイルドは入り易く、以前は入荷額も割安でした。

いまは市場の小売はともかくとして値段差は無くなっており、より好みで選びやすくなっていると思います。

個体差が最たるところですが、シロハラインコの方がやんちゃな印象があります。

但し5~10歳ぐらいからが本質なので、2~3歳の個体では判断は難しいです。

▼ズグロシロハラインコ

和名では頭が黒い白い腹のインコ(頭黒鸚哥)。

シロハラインコよりは若干小型なものが多い印象ですが、うちのズグロシロハラインコのサイズは120g~190gで3回りほどの差があり、最近のブリード個体になるほど特に小さく感じます。

性質はシロハラインコに比べれば少し控えめで、ラブバードでいうところのコザクラインコとボタンインコのような性質差を感じますが、あくまで個体差です。

亜種にニシズグロシロハラインコがおり、より黄色がはっきりしているとされます。

Psittacoidea Psittaculidae Pionites melanocephalus
和名:ズグロシロハラインコ
英名:Black-headed Parrot , Black-headed Caique
学名:Pionites melanocephalus
原産:南米アマゾン川流域(エクアドル,ペルーからベネズエラ,ブラジル)
地図:http://maps.iucnredlist.org/map.html?id=22686079
亜種
Pionites melanocephalus
P. m. melanocephalus 基亜種:ズグロシロハラインコ
P. m. pallidus 亜種:ニシズグロシロハラインコ

ズグロシロハラインコごろりん

基亜種
和名:ズグロシロハラインコ
英名:Black-headed Parrot , Black-headed Caique
学名:Pionites melanocephalus melanocephalus
亜種
和名:ニシズグロシロハラインコ
英名:Pallid Parrot / Pallid Caique
学名:Pionites melanocephalus pallidus
原産:エクアドル側

 

シロハラインコ

シロハラインコの学名は「Pionites leucogaster:ピオニテス レウコガスター」。

leuco(白い)gaster(腹)という意味です。

シロハラインコは3亜種(基亜種+亜種2)とされており、一般的にペットバードとして流通しているシロハラインコと呼ばれているものは基亜種の事ではありません。

本来は和名で「シロハラインコ」というのは基亜種(学名:Pionites leucogaster leucogaster ピオニテス レウコガスター|英名:Green-thighed parrot)の事で、特徴は太腿羽が緑色です。

一般的に流通しているのは3亜種でもっとも西に生息するキモモシロハラインコ(英名:Black-legged parrot|学名:Pionites leucogaster xanthomerius サントメリウス)です。

もう1亜種のキソメシロハラインコ(Yellow-tailed parrot|Pionites xanthurus ピオニテス クサントゥルス)は黄色い尾羽が特徴です。実物を見たことはありません。

Psittacoidea Psittaculidae Pionites leucogaster
和名:シロハラインコ
英名:White-Bellied Parrot , White-Bellied Caique
学名:Pionites leucogaster
原産:南米アマゾン川流域南側(ペルー,ボリビア,ブラジル)
亜種
Pionites leucogaster
P. l. leucogaster 基亜種:シロハラインコ
P. l. xanthomerius 亜種:キモモシロハラインコ
P. l. xanthurus 亜種:キソメシロハラインコ

シロハラインコ基亜種

基亜種:緑色の太ももが特徴
和名:シロハラインコ
英名:Green-thighed parrot
学名 Pionites leucogaster leucogaster
原産:南米ブラジルの中央から東沿岸にかけて
亜種:一般的に流通しているシロハラインコ
和名:キモモシロハラインコ
英名:Black-legged parrot
学名:Pionites leucogaster xanthomerius
原産:ペルーやボリビアとブラジルの国境を中心としたエリア
亜種:黄色い尾羽が特徴。一般流通はしていない
和名:キソメシロハラインコ
英名:Yellow-tailed parrot
学名:Pionites leucogaster xanthurus
原産:ブラジル(アマゾナス付近

シロハラインコの種類

ズグロシロハラインコ

ズグロシロハラインコひなひな

 

ズグロシロハラインコ

まいど!気ままなインコ くぴ~&ぐぴ~ | 山と溪谷社(・Θ・)たぶん世界唯一のズグロシロハラインコ写真集
https://www.yamakei.co.jp/products/2814550100.html

まいど!気ままなインコKindle版発売

サンコールーミィBASIC

 

くぴ~フライトスーツ