クリムネインコ図鑑 Maroon-fronted parrot,Rhynchopsitta terrisi

世界唯一の一般展示クリムネインコ。ロロパークのクリムネインコ(2018.10時点)

分類:Psittaciformes Psittacidae Rhynchopsitta teriss
属名:Rhynchopsitta ハシブトインコ属
学名:Rhynchopsitta terrisi 
英名:Maroon-fronted parrot 
和名:クリムネインコ 
Size:40-50cm
RED-LIST:EN
CITES Appendices I
原産:メキシコ北東部|東シエラ・マドレ山脈

クリムネインコは大変に珍しいインコで、これを書いている時点で一般展示されているのは世界でも唯一この個体のみです。

同属のハシブトインコ Thick-billed parrot も希少種で、この2種でハシブトインコ属Rhynchopsittaを構成しています。

もう一種 Rhynchopsitta phillipsi という絶滅種が存在したという説もあったようです。

日本でも稀に流通しているコイミドリインコAustral parakeetとは比較的近い系統のようです。

いずれもコニュアの仲間とされており、コイミドリインコはコニュアとしては最大級の4~50cmです。

なお、コニュアは科学的な分類ではありません。

クリムネインコの生息地はメキシコのとても狭いエリアです。

そこが大規模な森林火災にあった事で本格的に絶滅危惧が深刻化し、2011年からはRED-ListでEN(絶滅危惧IB類)に格上げされたサイテスI類種です。

ロロパークがクリムネインコのワシントン条約事務局登録施設である可能性もありますが、日本で見れるような事はこの先も無いでしょう。

 

和名の「クリムネインコ」にはとても違和感と疑問を感じます。

見た目の特徴は「栗色の胸」ではなく「栗色の額」です。

「クリビタイインコ」ならしっくりくるので、「Maroon-fonted」を「Maroon-headed」と誤解釈したのかもしれませんね。

学名のTerissはアメリカの探検家Terris Mooreが由来です。

 

[広告]