亜種ブラジルヒオウギインコ(ミナミヒオウギインコ) Southern Red-fan Parrot について

ダークで渋いヒオウギインコの亜種、ブラジルヒオウギインコ(・Θ・)D. a. fuscifrons

和名:ブラジルヒオウギインコ ,ミナミヒオウギインコ
漢字:伯剌西爾緋扇鸚哥 南緋扇鸚哥
英名:Southern Red-fan Parrot , Brazilian Hawk-headed Parrot 
学名:Deroptyus accipitrinus fuscifrons
分類:オウム目インコ科ヒオウギインコ属

Deroptyus accipitrinus
D. a. accipitrinus
基亜種:Northern Red-fan Parrot|ヒオウギインコ,キタヒオウギインコ
Native:ブラジル(アマゾン川北側)ガイアナ,コロンビア,ペルーなど

D. a. ccipitrinus
亜種|Southern Red-fan Parrot|ブラジルヒオウギインコ,ミナミヒオウギインコ
Native:ブラジル(アマゾン川南側)

Size:35 cm 275 g

ヒオウギインコが扇羽を広げた姿は抜群に有名で、オウム目を代表する看板写真の1枚でしょう。

ヒオウギインコはアマゾン川の南北で2亜種にわかれます。

市場に流通しているのはアマゾン川北側に生息する基亜種ヒオウギインコで

アマゾン川南側にはDeroptyus accipitrinus fuscifronsがいます。

英名Southern Red-fan Parrot、和名ブラジルヒオウギインコorミナミヒオウギインコ。

全体的に暗い羽色で、白額もありません。

シロハラインコとズグロシロハラインコの生息域の分断差を彷彿するのですが、白黒さが真逆なのも興味深いところです。

 

ヒオウギインコはベタ馴れを求めるコンパニオンバードとしては神経質で人馴れも若いうちだけで毛引きも多くて不向きという印象ですが、仕草や鳴き声も意外なほど可愛くて面白くもあり、ペア飼いで眺めたいインコです。

ヒオウギインコ Red-fan parrot について

ヒオウギインコ

以前はコニュアに位置づけられる事もありましたが、

ヒオウギインコは1種1属のヒオウギインコ属(学名:Deroptyus accipitrinus)。

生息地域はアマゾンの熱帯雨林に広範囲で分布していますが、とても減少中とされています。

CITES IIにも定められています。

英名は「Red-fan parrot」とは別に「hawk-headed parrot」というカッコイイ俗名も。

ボウシインコの膨らむ羽がとても長いという感じで、興奮や威嚇、普通にブワっとする時にも

英名のRed-fanの通り赤いファンを広げます。。

状況や個体差はあるでしょうが、全開で開いてもすぐに閉じます。

ヒオウギインコ同士のカキカキで開く様子もとても和みます。