ウロコメキシコインコ Maroon-bellied parakeet について

ウロコメキシコインコ

ウロコメキシコインコ属を代表するウロコメキシコインコ

Psittacoidea Psittaculidae Pyrrhura frontalis frontalis
分類:Pyrrhura ウロコメキシコインコ属
和名:ウロコメキシコインコ
英名:Maroon-bellied parakeet
別称:Reddish-bellied conure , Brown-eared conure
学名:Pyrrhura frontalis frontalis
亜種:
size:24-28cm 70-94g
原産:ブラジル南東部バイーア~リオグランデ・ド・スル~マットグロッソ
RED-List

亜種
Pyrrhura frontalis
 P. f. frontalis 基亜種
 P. f. chiripepe チャミミウロコインコ

Pyrrhura(ピユーラ:ウロコメキシコインコ属)を代表するウロコメキシコインコ。

Pyrrhuraの由来はギリシャ語の「赤尾」を意味します。

「purrhos = flame-coloured = red」「-ouros = tailed」が語源

「frontalis」は「fronted」の意味ですが、由来はよくわからず。

英名の「Maroon-bellied parakeet」は、臙脂色の腹というニュアンス。

Bellied(ベリード)は、腹。

Maroon(マルーン)は、エンジ色,栗色。

いまの日本で一般的に流通しているウロコインコはホオミドリウロコインコは同属の別種で、ウロコメキシコインコはそれほどいません。

ホオミドリウロコインコとの区別は尾羽を見ればすぐにわかります。

ウロコメキシコインコには亜種のチャミミウロコインコ(p.f.chiripepe チリペペ)がおり、これもまた尾羽の色が少し違うのですが、その解説はチャミミウロコインコのところで。