旧ミドリズアカインコ亜種P.f.minor図鑑|Cordilleran Parakeet , Psittacara frontatus minor

ミドリズアカインコから独立昇格した和名の無いインコ「Psittacara frontatus minor

分類:Psittacara属

学名:Psittacara frontatus minor 旧:Aratinga wagleri minor

英名:Cordilleran Parakeet(minor) , Carriker's Conure

和名:無し

Size:34-36cm , 162-217g

原産:南米|ペルー

RED-List NT 2016 (2014~登録)

CITES:Appendix II

このインコに和名はありません。

以前はミドリズアカインコの亜種でしたが、種に昇格しました。

便宜上ミドリズアカインコのカテゴリにいれていますが、分類は別種です。

このPsittacara frontatus minorはミドリズアカインコよりも小型で、頭部の赤色が少ないのが特徴です。

ミドリズアカインコの亜種だったときの分類は「Aratinga wagleri minor」で、もう1亜種の「Aratinga wagleri frontatus」との2亜種で一緒に新種「Psittacara frontatus」へ昇格。

Psittacara frontatus
Psittacara frontatus frontatus Cordilleran Parakeet エクアドル西部,ペルー西部
Psittacara frontatus minor Carriker’s Conure ペルー

基亜種となるのは、この写真とは違う方です。

原産はペルーで、上記地図はミドリズアカインコの亜種としてですが、

下側の赤い●が基亜種 P. f. frontatus の生息地

その上側の水色の●が当亜種 P. f. minor の生息地

コロンビアやベネズエラ側がミドリズアカインコの生息地

アンデス山脈の低地から2~3000m級の高度でも観測されており、急斜面の崖に20~300羽での共同塒を構えるようです。

亜種は明確ではないと思われますが、1982年にペルーから1万6千羽が輸出されたとされています。

特にベネズエラ側のミドリズアカインコは激しい貿易の対象になっているようです。

 

旧ミドリズアカインコ

 

[広告]

ベニガオメキシコインコ図鑑|Mitred parakeet , Psittacara mitratus

紛らわしいPsittacara属のベニガオメキシコインコ

分類:Psittacara属

学名:Psittacara mitratus 旧:Aratinga mitratus

英名:Mitred parakeet , Mitred Conure

和名:ベニガオメキシコインコ

Size:31–38cm , 200-240g

原産:南米|ボリビア,ペルー北部,アルゼンチン北西部

RED-List LC 2018

CITES:Appendix II

亜種:
Psittacara mitratus mitratus ボリビア,ペルー,アルゼンチン

Psittacara mitratus chlorogenys アマゾナス,ペルー|赤が狭い

Psittacara mitratus tucumanus アルゼンチン|赤が広くて斑アリ

昇格
Aratinga alticola → Psittacara alticola |Mountaion Parakeet

Aratinga hockingi → Psittacara hockingi |hockingi's parakeet

2006年に提唱された再分類によって5亜種から3または2亜種に統廃合。

2亜種(P.a.alticola , P.a.hockingi)は種へ昇格。

詳細:https://www.semanticscholar.org/topic/Psittacara-mitratus/2773058

べニガオメキシコインコは南米アンデス山脈の森林に生息する大型コニュアです。

南北の長いエリアに分布しており、3亜種(+2種)で棲み分けられています。

北から南にかけて P.m.chlorogenys → P.m.mitratus → P.m.tucumanus

同属のオナガアカボウシインコ等と同様に、ハワイ,フロリダ,カリフォルニアなど外来種として定着しています。

マウイ島では害鳥として「根絶プロジェクト」が実行中で、近い内に根絶やしにされるのでしょう。

定着亜種はおそらく最大亜種のPsittacara mitratus tucumanusで、翼長♂205.7cm,♀198.4cm

ベニガオメキシコインコの和名の通り、顔に紅色が広がるのが特徴です。

但し、同属は見た目が似ているだけではなく、和名もミドリズアカインコやら紛らわしいものが多くて混乱を助長させます。

ベニガオメキシコインコの学名の矮小名「 mitratusの由来は、ラテン語の「mitratus」で「crowned」のようです。

この頭部の赤いシンボルは幼鳥のときに無く、年齢を重ねるごとに赤みが増えてきます。

若いときには、赤額というのが相応しいような配色にもなります。

ただ、亜種によってその差は違うのは勿論、個体差によってもある程度違います。

ベニガオメキシコインコなどのグリーンコニュアは飼主にとてもよく懐くことでも知られるとともに他人には厳しくもなりやすい事が多いとも言われます。

鳴けばノイジー、噛みはストロングの可能性は十分あるとしても、楽しい個体も多いのも人気が裏付けているのでしょう。

日本で見かけることはあまりありませんが、ベニガオメキシコインコもザ・コニュアな1羽です。

 

オナガアカボウシインコ図鑑|Red-masked parakeet , Psittacara erythrogenys

鮮やかな緑と赤色で映えるクリスマスカラーなオナガアカボウシインコ。

分類:Psittacara属

学名:Psittacara erythrogenys 旧:Aratinga erythrogenys

英名:Red-masked parakeet , Cherry-headed conure

和名:オナガアカボウシインコ

Size:29–33cm , 151-180g

原産:南米|エクアドル西部,ペルー北西部

RED-List NT 2016

CITES:Appendix II

尾羽の長い赤い頭のボウシインコという和名の「オナガアカボウシインコ」。

とても誤解を招きやすい和名ですが、ボウシインコの仲間ではありません。

赤頭のグリーンコニュアが集うPsittacara属(仮:テリハメキシコインコ属)の仲間です。

オナガアカボウシインコ

昔はコニュアといえば大半がクサビオインコ属(Aratinga)に分類されていましたが、現在は随分と再分類されています。

旧:Aratinga erythrogenys → 新:Psittacara erythrogenys

Psittacara」の由来はギリシャ語で「psittake = parrot」と「kara = head」を繋いだもの。

矮小名の「erythrogenys」もギリシャ語で「eruthros = Red」と「genus = cheek」を繋いだものです。

赤い頬というのは今ひとつ伝わらない気もしますが、日本語とのニュアンスは違うのかもしれませんね。

スペイン語名だと「Aratinga de Guayaquil」で、南米グアヤキルのアラティンガ。

原産は南米のエクアドル西部~ペルー北西部の沿岸側。

生息域が広いとは思えませんが、適応能力は高いようで、アメリカやスペインほかヨーロッパでは幾つものエリアで篭脱けが外来種として定着しています。

アメリカでの定着地域は、カリフォルニア,サンディエゴ,サンフランシスコ,ロサンゼルス,ハワイなど。

IamNikonオナガアカボウシインコ

通常は12羽程度の群れのようですが、ねぐらには200羽程度が集まります。

エクアドルにある南米有数の大都市サンティアゴ・デ・グアヤキル Santiago de Guayaquilでは数千羽の群れが観測されたこともあるようです。

CITESはII類でRED-ListもNTで、まだ大きな懸念とはされていませんが、一部地域では大幅に減少しているとされています。

ズグロとズアカのインコ

サイズ感はまさに南米150-200級で、嘴の象牙色が赤い頭を軽い印象にしています。

うちでは大人しくて静かな印象が強いものの、鳴き声は中型コニュアらしい猛烈なけたたましさがあると言われ、実際本気で鳴けばそれなりの声量です。

香りはクサビオインコ属よりはメキシコインコ属寄りな気もしますが、アケボノインコ属のような独特なものではない印象。

AVIAN AVENUEなど海外のサイトをみていると、オナガアカボウシインコと同属のベニガオメキシコインコ,ミドリズアカインコ,ノドアカインコあたりとオナガアカボウシインコのハイブリッドが見られます。

ハイブリッドや色変種は基本的にあまり好まないのですが、もともと同系列の似た種だけに違和感が無いですね。

オナガアカボウシインコは日本での人気は低くという以前にそもそも殆ど流通していませんが、稀に見るコはみな可愛く、とても好きなインコの1つです。