アズテックインコ図鑑 Aztec Parakeet,Eupsittula astec

このインコに標準和名は無いはずですが、英名からそのまま「アズテックインコ」が妥当でしょうか。

メキシコインコ属(Eupsittula)の仲間で、南東メキシコから西パナマあたりのカリブに生息し、サイズはおよそ21.5~25cm、73~85g。

このアズテックインコは分類上で「独立種」か「亜種」かで見解が二分しています。

次第に独立種Eupsittula astecとして統一されていくと思われます。

独立表記■IUCN(国際自然保護連合),World Parrot Trust,ほか多勢
Eupsittula nana Jamaican Parakeet ジャマイカインコ
Eupsittula astec
E. a. vicinalis メキシコ北東部の亜種
E. a. astec 基亜種 Aztec Parakeet アズテックインコ

RED-List LC 2014
亜種表記■IOC(国際鳥類学会議)ver8.2
Eupsittula nana
E. n. nana Olive-throated Parakeet チャムネメキシコインコ
E. n. vicinalis  メキシコ北東部の亜種
E. n. astec 亜種 Aztec Parakeet アズテックインコ

生息地は下記の地図での水色○印のあたり

 

ロロパークでは「Aratinga nana astec」というクサビオインコ属時代の古い看板ですので、これは亜種表記になります。

 

これがもし基亜種Eupsittula nana nana チャムネメキシコインコだったなら先のエリマキボウシインコハシグロボウシインコに続いて3種のジャマイカ島固有種インコの残り1つになっていました。

このチャムネメキシコインコの英名は「Olive-throated Parakeet」なのですが、直訳和名にすると「チャノドメキシコインコ」になります。

チャノドメキシコインコ(サントメインコ|Brown-throated parakeet )と被ってしまいます。

こういうのは英名と和名の繋がりが特にややこしくなります。

ジャマイカ繋がりもこれで切れてしまいそうですが、ジャマイカでは外来種としてテリルリハインコが増えているそうです(・Θ・)

 

[広告]