ミノバト Nicobar Pigeon

ミノバト

ニコバルバト

東南アジア,インドネシア,インド(ニコバル諸島)に生息するハトで、太陽光にあたると綺麗に輝きます。CITES I

和名のミノバトは「蓑(みの)」を纏っているような風貌からで、キンミノバトやニコバルバトとも呼ばれます。

そのミノバトの容姿からは想像が難しいのですが、17世紀に絶滅したドードー族の最近縁種であることが近年のDNA分析で明らかになりました。

Journal of Vertebrate Paleontology Volume 34, Issue 2, 2014

ドードーは3種おり、一般的にドードーと呼ばれる「モーリシャスドードー」と「レユニオンドードー」「ロドリゲスドードー」

英語版wikipediaにはかなり詳しく記載されております。 Dodo wikipedia

ミノバトは日本の動物施設では、上野動物園、福岡市動物園、熊本市動植物園におります。

@JurongBirdpark

カンムリバト Western crowned pigeon

カンムリバト

ハト目ハト科カンムリバト亜科カンムリバト属カンムリバト

カンムリバト属は全部で3種おり、国内で比較的よく飼育されているのはオウギバト

カンムリバト Western crowned-pigeon Goura cristata
頭の飾り羽が灰青の単色。 中雨覆が赤褐色で九官鳥のように白が入る。

ムネアカカンムリバト Goura sheepmakeri  Southern crowned-pigeon
頭の飾り羽が灰青の単色で、胸部の羽が緋色。熊本市立動物園

オウギバト Victoria crowned-pigeon
頭の飾り羽の先端に白く孔雀のような模様がある。千葉市動物公園

 

@JurongBirdpark Singapore

オウギバトのヒナ誕生 生後21日目 &Movie

オウギバトのヒナ

ハト目ハト科カンムリバト亜科カンムリバト属オウギバト

英名:Victoria crowned pigeon (オウギバト属はすべてサイテスII類・2014/6/24リスト)

インドネシアやパプアニューギニアなどに棲息するハト目最大級のカンムリバト属の1種。

属の代表でもある「カンムリバト」とは全体の容姿もよく似ているのですが

オウギバト :頭の飾り羽の先端が白い。  
カンムリバト:頭の飾り羽が灰青の単色。 中雨覆が赤褐色で九官鳥のように白が入る。

などが外見上の主な違い。

現時点で関西には神戸どうぶつ王国にしかいない鳥で、平成22年の神戸花鳥園時代から毎年繁殖に成功しています。

卵は1つしか産まず、雌雄ともに抱卵し、抱卵期間は30日。巣立ち30日程度。

オウギバトの自然繁殖の成功はとても貴重なうえに、それが人の出入りも激しい場所で毎年というのは快挙ですねー

神戸どうぶつ王国