アマゾンミドリインコ亜種(B.c.gustavi) Blue-margined Parakeet について

キカタインコほどではないものの黄色い袖羽をもつアマゾンミドリインコの亜種B. c. gustavi

Psittaciformes Psittacidae Brotogeris cyanoptera
属名:Brotogeris ミドリインコ属
和名:アマゾンミドリインコ(亜種Gustavi)
英名:Blue-margined Parakeet / Gustave's Parakeets
学名:Brotogeris cyanoptera gustavi
Size:18-20cm 67g
原産:西アマゾン|ペルー ワジャガ川周辺 upper Huallaga Valley

■基亜種
学名:Brotogeris cyanoptera cyanoptera
英名:Cobalt-winged Parakeet
和名:アマゾンミドリインコ
原産:西アマゾン

■他亜種 beniensis
学名:Brotogeris cyanoptera beniensis
英名:Beni Cobalt-winged

このアマゾンミドリインコは基亜種+2亜種とされています。

基亜種アマゾンミドリインコの生息範囲は西アマゾンの広範囲なのですが、2亜種の生息範囲は狭く、このgustaviとされた亜種(英名 Blue-margined Parakeet または Gustave’s Parakeets )はペルーのワジャガ川周辺にのみ生息するとされています。

基亜種との違いは、翼の袖に少し黄色が入り、額の黄色は薄くなるようです。

この個体は嘴もまだ黒さの残る幼さでまだまだこれからなのでしょうし、黄色い袖といってもキカタインコやソデジロインコのような派手な袖ではないようですが、それはそれで洒落ています。

 

ここではほぼ立ち止まれず歩きながらの撮影を余儀なくされ、これが撮れていただけでもラッキーでしたが、ケージ上部に貼りついていた親を撮れなかったのが惜しいところ・・・