ビロハシ #ミドリヒロハシ

ハシビロコウと同様にクチバシの広さが和名の由来になっているミドリヒロハシですが

ハシビロではなくヒロハシ(・Θ・)

とても好きな鳥の1つで、特に真正面のダルマ姿がたまりません。

同属にはさらに好きなオナガヒロハシというヘルメットを被ったような猛烈に可愛い仲間もいます。

 

スズメ目ヒロハシ科ミドリヒロハシ属ミドリヒロハシ
学名 Calyptomena viridis
英名 Green broadbill

ハシブトガラス Jungle crow

ハシブトガラス

日本におけるモノクローム鳥の代表格、烏。

カラスの種類も沢山いますが、一般的にカラスと呼ばれるのは二種で

カ~!と鳴いて、ぴょんぴょん跳び歩きを得意とするのがハシブトガラス。

ガ~!と鳴いて、てくてく歩くのを得意とするのがハシボソガラス。

都市部で勢力を誇るハシブトガラスは英名でJungle crowと呼ばれるように、もともとは森林に生息する鳥です。

正面ミドリヒロハシ Green broadbill

ミドリヒロハシ

スズメ目ヒロハシ科ミドリヒロハシ属ミドリヒロハシ/Green broadbill

蛍光グリーンが非常に美しいミドリヒロハシの原産地は、ボルネオ島,スマトラ島,マレー半島など。

見る角度で色んな顔になる鳥で、真正面はとても愛くるしい。

 

天国の鳥 極楽鳥 コフウチョウ Lesser bird of paradise

フウチョウ科 フウチョウ属
Paradisaea

コフウチョウ

極楽鳥という通名の方が有名かもしれませんが、フウチョウ(風鳥)が正式和名。

幻想的なフウチョウの名前の由来は現実的に悲しいものだそうです。

コフウチョウ

はじめてヨーロッパに運ばれたオオフウチョウは足を切り落とされていて、容姿からして木に止まらず生涯を風に乗って飛ぶ鳥とされたという話。

現実離れした美しい鳥だけに、なんともな、、、

なお、この派手な羽はオスだけのもので、メスは茶色の地味系配色です。