キガシラハゴロモガラス|Yellow-hooded blackbird

黒ベースに派手な黄色が映えるキガシラハゴロモガラス。

カラスの仲間ではなくムクドリモドキの仲間です。

分類:スズメ目 ムクドリモドキ科 Chrysomus属(IOC9.1)

学名:Chrysomus icterocephalus

英名:Yellow-hooded blackbird

和名:キガシラハゴロモガラス

SIZE:17-19cm 35-39g

性差:性的二型|♂頭が黄色く体が黒い。♀は黄土色。

原産:コロンビア,ベネズエラ人,ブラジルなど|南米アマゾン川と支流の流域

RED List LC

亜種:2
C. i. icterocephalus Yellow-hooded Blackbird

C. i. bogotensis Bogota Blackbird


ブラックバードと呼ばれる鳥たちの1種で、黒に黄色が素晴らしく映えます。

キガシラハゴロモガラス(Yellow-hooded blackbird)の名前はオスの容姿から名付けられたものです。

メスは鶯茶色や黄土色というのか、一般的なメスらしい巣に同化する保護色です。

Female Yellow-hooded blackbird

原産は主に南米アマゾン川とその支流流域で、コロンビア,ベネズエラ,ガイアナ,ブラジル,ペルーあたりで、コロンビアには亜種の C. i. bogotensis が生息。

キガシラムクドリモドキ(Xanthocephalus xanthocephalus|yellow-headed blackbird)と一見似ていますが、そちらは北米原産で、九官鳥のように翼に白い羽があります。

ヘリコニアの赤色とも素晴らしく合います。

後頭部は黒い山型に▲

ぶわっと膨らんだときの可愛らしさが特に印象的(・Θ・)

 

ビロハシ #ミドリヒロハシ

ハシビロコウと同様にクチバシの広さが和名の由来になっているミドリヒロハシですが

ハシビロではなくヒロハシ(・Θ・)

とても好きな鳥の1つで、特に真正面のダルマ姿がたまりません。

同属にはさらに好きなオナガヒロハシというヘルメットを被ったような猛烈に可愛い仲間もいます。

 

スズメ目ヒロハシ科ミドリヒロハシ属ミドリヒロハシ
学名 Calyptomena viridis
英名 Green broadbill

ハシブトガラス Jungle crow

ハシブトガラス

日本におけるモノクローム鳥の代表格、烏。

カラスの種類も沢山いますが、一般的にカラスと呼ばれるのは二種で

カ~!と鳴いて、ぴょんぴょん跳び歩きを得意とするのがハシブトガラス。

ガ~!と鳴いて、てくてく歩くのを得意とするのがハシボソガラス。

都市部で勢力を誇るハシブトガラスは英名でJungle crowと呼ばれるように、もともとは森林に生息する鳥です。

正面ミドリヒロハシ Green broadbill

ミドリヒロハシ

スズメ目ヒロハシ科ミドリヒロハシ属ミドリヒロハシ/Green broadbill

蛍光グリーンが非常に美しいミドリヒロハシの原産地は、ボルネオ島,スマトラ島,マレー半島など。

見る角度で色んな顔になる鳥で、真正面はとても愛くるしい。