真孔雀 マクジャク|Green peafowl,Pavo muticus

キジ目の最大種、「真孔雀」。

Galliformes Phasianidae Pavo muticus

分類:キジ目 キジ科 クジャク属 マクジャク
和名:マクジャク

漢字:真孔雀
英名:Green peafowl
学名:Pavo muticus

Size:♂最大全長300cm 3.8kg-5kg ♀1kg-1.2kg
原産:インド,インドネシア,タイ,ベトナム,ミャンマー,ほか
RED-List EN 2018-2009 , VU 1994-2008

CITES Appendix II

亜種
Pavo muticus imperator インドシナマクジャク

Pavo muticus muticus ジャワマクジャク

Pavo muticus spicifer ビルママクジャク

マクジャクはクジャク属の上位分類であるキジ目の中でも最大種で、オスの最大全長は3mにも及びます。

これは現存する野生種としての鳥類で最長。

マクジャクには3亜種がおり、その総称が「マクジャク」。

漢字表記だと「真孔雀」。

一般的に動物園などで展示されている種は「インドクジャク」で、マクジャクの方が明るい緑色をしています。

江戸時代の絵師「円山応挙」や「長沢芦雪」が描いたマクジャクが世界的に有名です。

つづく

[広告]

白孔雀 リューシズムインドクジャク

白孔雀はアルビノではなくリューシズム(Leucism)と呼ばれる別の突然変異。

部分的なリューシズムの斑孔雀(Partial Leucism Peacock)も存在するのですが、まだ見たことは無し。

他の鳥や動物でもリューシズムは存在し、野生下でリューシズムのキイロオクロオウムなんていうのもいます。凄いですね。

Leucistic Yellow-tailed Black-cockatoo