アマゾン対決!5種7羽 amazon , caique , pionus

アマゾン対決5種7羽

かなり胸が躍る組み合わせの対面。

左のカイクー&ピオヌス(パイオナス)チームより、右のボウシチーム(ムラサキボウシ,パナマボウシ,アオボウシ)の方が相当有利か。

チャコブルーアオボウシインコ Chaco Blue-fronted amazon

チャコのアオボウシ

アオボウシインコ(アサギボウシインコ)は大別して2亜種にわかれ、その交配種も存在します。

A. a. aestiva:東部ブラジルに生息する小柄なアオボウシ。70年代には輸出規制されたそうで、ブラジリアンとも呼ばれる。

A. a. xanthopteryx 北部と東部ボリビア,パラグアイ,アルゼンチン北部など広くに分布。大柄でイエローウイングとも呼ばれる。

生息分布の広いxanthopteryxは羽色の違いも大きく、パラグアイのパラグアイブルーは頭の黄色が小さくて小柄なものが多い。

アルゼンチン北部チャコ州のチャコブルーは、個体によってはオオキボウシ並に黄色い頭で600gクラスの個体もいるそうな。

古くからのマニアなら基本的な話だそうで、チャコのアオボウシは特に人気だとか。明らかにガッチリしてますしねー

ここ最近の流通繁殖アオボウシは軽ければ300gぐらいでも不思議はないので、2倍近く違うとなると並べて見てみたいところです。

Blue-fronted Amazon (Amazona aestiva) | World Parrot Trust

Joanie Doss’The Amazing Amazons’

Blue-fronted amazon – Wikipedia, the free encyclopedia

@MacawJungle