コウロコボウシインコ図鑑|Lilacine amazon , Amazona lilacina

コウロコボウシインコについて
Lilacine amazon
Amazona lilacina

エクアドルの固有種、コウロコボウシインコ。

以前はキホオボウシインコの亜種とされていましたが、別種として昇格しています。

コウロコボウシインコの基本情報

分類:Amazona ボウシインコ属

学名(新:昇格表記):Amazona lilacina

学名(旧:亜種表記):Amazona autumnalis lilacina

亜種:ナシ

英名:Lilacine amazon

和名:コウロコボウシインコ 小鱗帽子鸚哥

性差:x

Size:34cm , 350g

分布:南米|エクアドル(固有種)

野生下個体数:600-1700 / 2,500以下(BirdLifeInternational)

CITES:Appendix II

IUCN REDList EN 2014-
IUCN Red List of Threatened Species | IUCN

コウロコボウシインコの分布域

コウロコボウシインコは南米エクアドルの固有種で、エクアドルの南西部だけに分布します。

野生下における2019年現在における個体数は推定で1,700羽程度、最大でも3,000羽以下。

分布域は概ね南米西海岸湾岸部の大都市マンタあたりからエクアドル最大の都市であるグアヤキルを経てペルーとの国境近くまでのアンデス沿い。

Distribution map|BirdLifeInternational

コウロコボウシインコの保護区

コウロコボウシインコたちが就寝時にねぐらとして集まる最大のコロニーでは、約4~500羽ほどが確認されたそうです。

ねぐらの木は、イナゴマメの木(地中海地方原産のマメ科ジャケツイバラ亜科の常緑高木)を好んでいるようです。

エクアドルの生態系保全のNGO|FundaciónJocotocoによると、American Bird Conservancy(ABC)とRainforest Trustの支援をうけて

コウロコボウシインコが最も集まる「Las Balsas(ラス・バルサス)」の24,000㌶=東京ドーム約5133個という広大な熱帯林のうちの9,993㌶を保護区として2019年11月21日に取得したことを発表しています。

このコウロコボウシインコの保護区は20年契約だそうで、土地費用は1㌶あたり年間7米ドルの模様。

New Parrot Gets New Reserve, Just in Time

ラス・バルサスの森にはコウロコボウシインコ以外にも沢山の野生動物が生息しています。

ヒワコンゴウインコのエクアドル亜種(Ara ambiguus guayaquilensis)もその1つ。

ヒワコンゴウインコ
ヒワコンゴウインコ|Great Green Macaw,Ara ambiguus

ライラックが名称由来のコウロコボウシインコ

コウロコボウシインコの学名「Amazona lilacina」の種小名は「lilacina」。

語源はラテン語の「lilacinus」で、意味は「lilac-coloured(ライラック色)」。

英名「Lilacine amazon」も同様。

ライラック色とは、ライラックの花の色のことです。

ライラックの原産国はフランスで、現地では「リラ」と呼ばれています。

そのリラとは、コウロコボウシインコの学名lilacina(リラ・チナ)の由来。

ライラック色は紫色の淡いパステルカラーで、JISの16進数表記では■#C8A2C8■

ウロコボウシインコにコウロコボウシとウロコボウシモドキ

和名の由来は、キホオボウシインコの亜種とされていた頃の同属であるウロコボウシインコ(Amazona autumnalis salvini)より少し小型という事でしょう。

とはいえ、元となっているウロコボウシインコの命名自体に疑問もありますが…

ウロコボウシインコからの派生として命名された者はもう1種「ウロコボウシモドキインコ(Amazona Diadema)」がいます。

ウロコボウシモドキインコはコウロコボウシインコよりもずっと以前の1916年にキホオボウシの亜種から独立昇格しています。

→ウロコボウシモドキ図鑑

ウロコボウシモドキインコ|Diademed Amazon,Amazona Diadema

キホオボウシインコの亜種

キホオボウシインコ(Red-lored Amazon ,  Amazona autumnalis autumnalis)とは、北米~中米にかけて分布するメジャーなボウシインコの1種です。

以前はこのキホオボウシインコの亜種として、コウロコボウシインコ、ウロコボウシインコ,ウロコボウシモドキインコが分類されていました。

現在でも更新されていない資料によっては亜種として表記されています。

2020年現在での分類は下記の通り。(IOC World Bird List ver10ではまだ古い表記)

Amazona autumnalis autumnalis キホオボウシインコ

Amazona autumnalis salvini ウロコボウシインコ(キホオ亜種)

Amazona lilacina コウロコボウシインコ


Amazona diadema ウロコボウシモドキインコ

和名では非常に紛らわしいことに、ウロコボウシインコの和名を冠する

ウロコボウシインコ,コウロコボウシインコ,ウロコボウシモドキインコ

の3種はすべて違う種となります。

一見すると似たものたちで、販売店でもよく間違われていますが

コウロコボウシインコはまずクチバシの色で容易に区別可能です。

キホオボウシインコから独立昇格したコウロコボウシインコ

2010年以降に世界の機関で順次コウロコボウシインコを独立種として再分類されていっています。

このコウロコボウシインコの昇格は、主にチェスター動物園のMark Pilgrim(マークピルグリム博士)とLoro ParqueFundación(ロロパーク財団)が立役者だそうです。

以前話題となったコボウシインコに似た新種のボウシインコ「Blue-winged Amazon(Amazona gomezgarzai)」と違ってIUCNでも素早くRED-Listに登録しています。

RED-Listへは2014年の初回登録でEN(絶滅危惧)となり、現在もそのまま継続しています。

 

 

ちなみにウロコボウシインコとコウロコボウシインコはどちらも稀ながら流通しているものの、違いを理解出来ておらずで表記が違っている場合も目にします。

たウロコボウシインコとコウロコボウシインコの違いはクチバシの色で容易く識別可能です。

コウロコボウシインコはクチバシの色が上下とも黒色なのも特徴です。

飼育下繁殖

野生下において希少なコウロコボウシインコですが、別種として昇格される前から人工繁殖種としては一般的な鳥となっており

ヨーロッパでの雛流通卸価格も数万円程度でした。

Lilacine amazon

コウロコボウシインコ

 

 

Action in Ecuador for the rare Lilacine Amazon

 

 

[広告]