ムラサキボウシインコ図鑑 Southern Festive Amazon,Amazona festiva

おめでたいお祝いのボウシインコ、本家ムラサキボウシインコ

アカビタイムラサキボウシインコは亜種から別種へ変更され、単独種となりました。

Psittaciformes Psittacidae Amazona festiva festiva
属名:Amazona ボウシインコ属
和名:ムラサキボウシインコ
英名:Southern Festive amazon , Festive Amazon , Red-backed Amazon
学名:Amazona festiva
原産:南米|アマゾン川流域(ブラジル北西部、コロンビア南東部、ペルー北東部、エクアドル東部など)
Size:34-35cm 350-400g
亜種:無
アカビタイムラサキボウシインコは亜種から独立して分離
RED-LIST

英名の「Festive amazon」は直訳すると「お祝いのアマゾン」。

検索ワードが通販最大手amazonのフェスティバルのようになってしまいますね。

由来はおそらく人名だろうと思いますが特定出来ておらずです。

ムラサキボウシインコは南米アマゾン川流域に広く生息し、国を跨いでエクアドル,ペルー,コロンビア,ベネズエラ,ガイアナ,ブラジルに生息しています。

しかし、このムラサキボウシインコは非常に珍しく、日本で流通したことも無ければ、世界的にもお目にかかれる施設は殆どありません。

日本でごく稀に「ムラサキボウシインコ」として販売されているのは「アカビタイムラサキボウシインコ」の誤りで別種です。

アカビタイムラサキボウシインコでも十分珍しいのですが、輪をかけて珍しいのが紫ボウシインコです。

そのアカビタイムラサキボウシインコと比べると、頬の紫色は薄く、額の赤色ラインも薄く細くて柔らかい印象をうけます。

普段は翼で覆われて見えない腰の部分には派手な赤色が広がっており、これがムラサキボウシインコとアカビタイムラサキボウシインコの最大の特徴で、別称「Red-backed Amazon」の由来です。

これを見るとムラサキボウシインコというよりコシアカボウシインコという和名の方が似合いそうに思います。

また、アカビタイムラサキボウシインコはムラサキボウシインコの亜種とされてきましたが、別種として独立昇格しました。