キボウシインコ図鑑 Yellow-shouldered amazon,Amazona barbadensis

日本で最も勘違いされているボウシインコ、キボウシインコ。

Psittacoidea Psittaculidae Amazona barbadensis
属名:Amazona ボウシインコ属
学名:Amazona barbadensis
英名:Yellow-shouldered amazon
別称:Yellow-shouldered parrot
和名:キボウシインコ
Size:33-36cm 
RED-List VU
CITES Appendices I
原産:南米|ベネゼエラ:北部沿岸側やボネール島などカリブ海諸島に点在

キボウシインコを飼っているという数多くの話や大きな動物園ですらキボウシインコの看板を掲げている園がありますが、それらはすべて誤りです。

その昔に違う種をキボウシインコとして流通されたためだと考えられますが、日本にキボウシインコはおそらく1羽も存在しません。

キボウシインコを紛らわしくしている他の理由に、別種であるオオキボウシインコの名や、キボウシインコの英名Yellow-shouldered amazonがキソデボウシインコと勘違いされそうというはあり得るでしょうか。

キボウシインコはワシントン条約の付随書I類(CITES I)に登録された希少種で、国際取引が規制されています。

CITES I類であっても条件が揃っていれば日本への商用輸入も可能ですが、現在のところキボウシインコで満たしたものはいません。

しかし海外では日本ほど珍しいわけではなく、バードパークで見れる場所はありますし、ブリーダーからの販売もあります。

 

キボウシインコの原産は南米のベネズエラ北部沿岸側とカリブ海諸島のマルガリータ島やラ・ブランキラ島、ボネール島などの狭いエリアに限定されます。

キボウシインコの学名「barbadensis」は、「Barbados(バルバドス/バーベイドス)」というカリブ海に浮かぶ島国です。

島全体が珊瑚礁で出来ているカリブ海地域において最も裕福な国だそうで、バルバドスを画像検索すると美しい島の様子が出てきます。

しかし、キボウシインコはバルバドス島には生息しておらず、絶滅したわけでもありません。

これはバルバドスで”個体確認”されたということで名付けられたようですが、野生個体をバルバドスで捕獲したという話ではなく、当時の誤りだったようです。

キボウシインコから外れますが、、このバルバドスという国の歴史は西暦1500年頃にスペイン人が先住民をすべて奴隷として連れ去って無人島化されるという出だしで、まさにカリブ海の黒歴史です。→バルバドス google

また、現在のバルバドスの生息鳥一覧(List of birds of Barbados)に記載されているインコは下記の通りです。

  • Budgerigar セキセイインコ Melopsittacus undulatus
  • Rose-ringed parakeet ホンセイインコ Psittacula krameri
  • Green-rumped parrotlet テリルリハインコ Forpus passerinus
  • Orange-winged amazon キソデボウシインコ Amazona amazonica
  • Yellow-crowned amazon キビタイボウシインコ Amazona orocephala

移入種には、セキセイインコもいるんですね。

[広告]