ボタンインコ図鑑 Lilian’s Lovebird,Agapornis lilianae

ザ・ラブバードの和名をもつナーシャのボタンインコ(・Θ・)

Psittacoidea Psittaculidae Agapornis lilianae
属名:Agapornis ボタンインコ属
和名:ボタンインコ
別称:アカボタンインコ,リリアンボタンインコ,ナーシャボタンインコ 
英名:Lilian's Lovebird , Nyasa Lovebird
学名:Agapornis lilianae
亜種:なし
Size:13 cm
原産:アフリカ|マラウイ共和国(リウォンデ国立公園)とそれに近いモザンピークやタンザニアの狭い地域
RED-List

ラブバードの愛称でも世界中で親しまれているボタンインコ属のインコたち。

ボタンインコ属には基亜種9+亜種5の仲間がおり、その中でボタンインコの名を冠するものは

「ボタンインコ」「クロボタンインコ」「キエリボタンインコ」「ルリゴシボタンインコ」の4種。

和名で言えば「ボタンインコ」はボタンインコ属の代表格「ザ・ラブバード」といって良い名前です。

とはいえ知名度は低く、殆ど流通もしていません。

このボタンインコという和名は属名や総称と混同されて紛らわしいため「アカボタンインコ」とされる事も多々あります。

ほか、英名や学名から「リリアンボタンインコ」「ナーシャボタンインコ」とも呼ばれます。

リリアンの由来はイギリスの鳥類学者「Philip Lutley Sclater」の娘の名前「Lilian Elizabeth Lutley Sclater」から。

ナーシャの由来は生息地周辺のマラウイ湖Lake Malawi)のモザンピークやタンザニア側での呼び名「Lake Nyasa」からと思われます。

英名で呼ぶならNyasa lovebirdを選びたいところですが、標準英名はLilian’s Lovebirdです。

 

原産はアフリカのマラウイ共和国(リウォンデ国立公園)、モザンピークやタンザニアなど。

ボタンインコ,アカボタンインコ,リリアンボタンインコ,ナーシャボタンインコと呼び名の多い無印ボタンインコですが、ここでは以下「アカボタンインコ」と記します。

ボタンインコ属の代表的な和名をもつアカボタンインコは、名前とは裏腹にボタンインコ属の始祖からは最も遠い遺伝子をもつ存在です。

ボタンインコ属の進化の分岐は6層で、アカボタンインコとクロボタンインコ(A. nigrigenis)は最下層とされています。

従ってアカボタンインコはボタンインコの原種ではありません。

一応の原種となる1層目はワカクサインコ(A. swindernianus)なのですが、他のラブバード全種とは系統分類が違うため将来的に単型で別属として移りそうな気がします。

実質的にマダガスカルのカルカヤインコ(A. canus)がラブバードの原種に一番近い存在となります。

このアカボタンインコは一見するとルリゴシボタンインコ(A. fischeri)と間違えられる事も珍しくない配色です。

主観ですがルリゴシボタンインコの方が奥襟に鮮やかな黄色が広がります。

この黄色い襟というのがまた和名のキエリボタンインコ(A. personatus)と被ってややこしくなります。

キエリボタンインコの標準和名はキエリクロボタンインコの方がしっくりくると思うのですが、落選した経緯はきっとあるのでしょう…

人気がいまひとつ出ていないのは入手が難しいという事よりも、同系色のキエリボタンインコの方が鮮やかで綺麗からだというのが本質だと思いますし、この写真でもイマイチ色が出ていませんが、ボタンインコを語るに外せないボタンインコです。

日本人はすぐ雑種にする、可愛いさしか見ない。と欧州から比喩される事もあるそうですが、実際に日本ではハイブリッド(混血雑種)が溢れていて、ヤマブキボタンやブルーボタンなどの品種を種のように解説しているところも多くあります。

さらに品種も雑種化しており、もはや品種でもありません。

純血として輸入しても怪しいものはいると耳にしますし、雛の色が純血色ではない事もあるそうな。

 

ボタンインコ全種何れかやボタンインコのハイブリッドとコザクラインコのハイブリッドは和名でヤエザクラボタンインコ(八重桜牡丹)または、ヤエザクラインコと呼ばれる生殖能力をもたない一代雑種(first filial generation / F1品種)が産まれます。

[広告]