第18回ワシントン条約締約国会議 サイテスI類に昇格 カンムリヅル

テロの影響で3ヶ月ほど延期になっていた第18回ワシントン条約締約国会議(COP18)が開催地をスリランカからスイスのジェネーブへ変更されて行われました。

ワシントン条約締約国会議についてはこちらの別記事にまとめてあります。

今回のCOP18でオウム目に関しては大きなトピックはありません。

強いて言えばクロインコやオオハネナガインコ(セイアオオハネナガ,トウアオオハネナガ)がCOP19コスタリカ以降で議題に上がるかもしれません。

鳥類全体では「カンムリヅル」がワシントン条約附属書Ⅰ(CITES I)への昇格となりました。

ほか、ヤマドリ属のオナガキジとオーストラリア固有種のムシクイ2種(ズアカヒゲムシクイ,ハシナガヒゲムシクイ)の3種がCITES IIとなりました。

「カンムリヅル」は日本の動物園には数えるほどしかいないのですが、比較的一般的な「ホオジロカンムリヅル」を「カンムリヅル」として展示しているところもあります。

分類や総称としてはカンムルヅルなので間違いでもありませんが、珍しさではだいぶ違います。

カンムリヅルの方が全体的に黒さがあり頬の赤みが強く、もう一方のホオジロカンムリヅルは全体的に薄くて和名の通り頬の白さが目立ちます。

現存するカンムリヅル属Balearicaはその2種で構成されています。

学名:Balearica pavonina バレアリカ・パボニナ

和名:カンムリヅル

英名:Black crowned crane

原産:アフリカ|ギニア,スーダンなどサハラ南部

CITES Appendix I COP18 2019
学名:Balearica regulorum バレアリカ・レグロラム

和名:ホオジロカンムリヅル

英名:Grey crowned crane

原産:アフリカ|コンゴ共和国,ウガンダ,アンゴラ,南アフリカなど

CITES Appendix II

他に化石から絶滅種が3種発見されています。

属名Balearicaは地中海西端にあるスペインの自治州の群島「バレアレス諸島」が由来で、その根拠が今ひとつわからずですが、冠羽の事では無さそう。

この特徴的なカンムリヅル属の冠羽はさわり心地もたまりませんが、ジーパンぐらい貫通する超強力な打突力のため感慨にふける余裕をもてません。

ベタ馴れなら顔をうずめて匂いを嗅いでみたいところです(・Θ・)

 

[広告]