ハナレインコ図鑑|Collared lory,Phigys solitarius

フィジー固有種の襟付きローリー、クラことハナレインコ。

分類:Phigys ハナレインコ属

和名:ハナレインコ

漢字表記:離鸚哥

英名:Collared Lory

別称:Solitary Lory , Ruffed Lory , Fujian Lory

フィジー名:Kula クラ

学名:Phigys solitarius

性差:メスの方が冠が薄いとされるが明確ではない?

Size:20cm 71-92g

亜種:無し

原産:フィジー

RED-List LC 2016

CITES Appendix II

オセアニアに浮かぶ300以上に及ぶ島国「フィジー」の固有種にして

他に同属をもたない一属一種のローリー「ハナレインコ」。

但し、ムスメインコやコンセイインコを彷彿させる通り、近年ではVini(ムスメインコ属)とする説もあります。

学名の矮小名「solitarius」は孤独や独立といった意味で、レユニオンドードーなどにも用いられています。

和名のハナレインコ(離鸚哥)の由来もそのあたりを意味するのだと思うのですが、信頼できる根拠のソースは今のところ探せておらず。

英名では襟付きのローリー「Collared Lory」と名付けられており、地元であるフィジーでは「kula(クラ)」、サモアでは「ula(ウラ)」と呼ばれています。

フィジー初のチタンコインにハナレインコが描かれているなど、地元での知名度も高いのでしょう。

ハナレインコ

野生下での主食は果物,蜜,花,種子とされています。

沖縄にも生えているマメ科の落葉高木デイゴやココヤシ、世界三大花木のカエンボクなどで、ほかにマンゴーなどを食べているそうです。

絶滅のおそれのある野生生物のリスト「RED-List」ではLC(低危険種)で、フィジーでの生息数は比較的安定しています。

野生下では通常5~15羽、最大で50羽ほどの群れで賑やかに行動するそうです。

フィジーはイギリス連邦で、サモアはアメリカ領。インドネシアからは離れているので他の希少ローリーよりは密猟も少ないのかもしれません

フィジーはイギリス連邦加盟国で、経済水準は低いながら食に豊かでドラッグや銃も規制されており、島数こそ多いながら狭い島国のため治安は良い方とされています。

すぐ隣国のサモアはアメリカ領でありながら警察官ですら銃の所持が禁止されているという驚くべきところです。

そのためネバードウォッチなどでも人気の場所で、現地で野生のハナレインコを見る敷居はそう高くはありませんが、飼育環境下で一般公開されているハナレインコは世界でもごく少数です。

フィジーのビティレブ島「クラ・ワイルドアドベンチャーパーク(クラ・エコパーク)」

ドイツ「ヴェルトフォーゲルパーク

フランス「ボーヴァル動物園

アメリカ「サンディエゴ動物園

などで、特にクラ・パークは映像でみる限りかなり飛び回っていて面白そうです。

繁殖の難易度は高い

あまりにも特徴的な可愛さのハナレインコはローリーマニアなら誰もが知るような人気の高いインコです。

原産がイギリス連邦でサイテスも2類ながら正規流通は殆どありません。

ヨーロピアンローリーブリーダーズでも繁殖はされているようですが、難しいようですね。

ハナレインコのヒナも一度は見たみたいものです。