オオキボウシモドキインコ図鑑 Tres Marías amazon,Amazona tresmariae

オオキボウシモドキインコ ワイルドクロス

オオキボウシインコを越えるオオキボウシ「オオキボウシモドキインコ」(・Θ・)

通称「トレスマリアス(トレスマリア)」

Psittacoidea Psittaculidae Amazona tresmariae
分類:オウム目 インコ科 ボウシインコ属
和名:オオキボウシモドキインコ
別称:キガシラボウシモドキインコ?
英名:Tres Marias Amazon
俗称:Double Yellow-headed Amazon ※誤りの俗称
学名:Amazona tresmariae
旧名:Amazona oratrix tresmariae 2004年に独立
Size:38-40cm 580-650g
原産:トレス・マリアス諸島(Islas Marías)
RED-List 未掲載
CITES Appendices I

オオキボウシインコが耳元までの黄色いマスクを被っているとすれば、オオキボウシモドキは黄色い目出し帽を被っているような容姿が特徴的です。

個体によっては頭全体から胸元や下腹部まで黄色い羽が広範囲に広がり、両翼や太腿も黄色が鮮やかに主張します。

オオキボウシモドキインコは通称トレスマリアス(トレスマリア)と呼ばれ、ボウシインコマニア憧れのインコの1つです。

このトレスマリアスという通称は生息地に由来された英名や学名から呼称です。

トレス・マリアス(Tres Marias)とは、メキシコの西側沖100kmの太平洋に浮かぶナヤリト州トレス・マリアス諸島(Islas Marías)の事で、代表的な3つの島(マドレ島,マグダレナ島,クレオファス島)をスペイン語で「3人のマリア(Tres Marias)」として名付けたそうです。

オオキボウシモドキインコはトレス・マリアス諸島の固有種で、亜種ではありません。

オオキボウシモドキは現在ではオオキボウシインコの亜種から昇格独立して別種となっているのですが、亜種とされていた頃からオオキボウシインコの基亜種オラトリクス,マグナ,ホンジュラス,ベリーズよりも格上の存在でした。

学名は2004年までオオキボウシインコの亜種 Amazona oratrix tresmariae で、現在は単独種 Amazona tresmariae です。

英名もオオキボウシインコのYellow-headed Amazonに対してDouble Yellow-headed Amazonとしているところもありますが、それはニセオオキボウシインコなどの亜種のことで、オオキボウシモドキインコはTres Marias Amazonです。

お喋りを得意とするインコはヨウムが代表のように言われる事も多いですが、人の言葉を物怖じせず圧倒的な声量で喋る能力はボウシインコが圧倒的に高いと思います。

そのボウシインコの中でも抜きん出ているのがオオキボウシモドキインコ,オオキボウシインコ,キエリボウシインコで、特にオスは段違いによく喋ると言われます。

ジュロンバードパークで40年以上も活躍中のお喋りスーパースターインコ(オオキボウシインコとされていますが、ニセオオキボウシインコ(マグナ)に見えます)、アミーゴは今でも未だに新しい言葉を次々覚えていきます。

出来る過ぎる天才ゆえに後継者が難しく、キエリボウシインコやアオボウシインコが頑張ってはいますがアミーゴの真似は厳しそうです。

JurongBirdParkのアミーゴ(ニセオオキボウシインコ?)

オオキボウシインコは2002年11月のワシントン条約会議(チリ会議)でCITES Iに登録されており、分裂したオオキボウシモドキインコも同様にCITES Iです。

もはや日本で流通することは無いでしょうし、オオキボウシモドキインコを見る事が出来るのもアドベンチャーワールド(wildcross)の個体がおそらく最後でしょうか。(以前見たときは看板の表記が誤っていましたが)

もしかするとまだ普通のお宅に昔からのペットバードとして飼われている生き残りがいれば出会ってみたいものです。

 

[広告]