ミミグロボウシインコ図鑑 Hispaniolan Amazon,Amazona ventralis

Psittacoidea Psittaculidae Amazona ventralis
属名:オウム目 インコ科 ボウシインコ属
学名:Amazona ventralis 
英名:Hispaniolan Amazon 
和名:ミミグロボウシインコ
Size:28-31 cm 214 g
RED-List VU
原産:カリブ海|ドミニカ共和国

イオンのプライベートブランド「TOP VALU」から今発売されているチョコレートタブレットのドミニカ共和国版のパッケージインコがこの「ミミグロボウシインコ」。

スタイルがコンゴウインコっぽいのは惜しいですが、マニアックで良いですね!。

和名の由来は耳を覆う黒い羽。学名は下腹部の赤い尻羽。

英名は生息地であるカリブ海に浮かぶ海賊で有名な「Hispaniolan|イスパニョーラ島」が由来。

キューバとプエルトリコの間にある島で、面積76,480km²というのは北海道、樺太に次ぐ世界23番目の広さ。

この島の西側1/3を「ハイチ共和国」、東側2/3を「ドミニカ共和国」が統治しています。

ミミグロボウシインコは現在のハイチ側では生存が厳しく、ドミニカ共和国を代表するボウシインコとなります。(いまはプエルトリコにもいます)。

なお、ミカドボウシインコ(Imperial amazon)が国鳥になっているのはドミニカ共和国ではなく「ドミニカ国」です。

分類学的にサクラボウシインコ(Cuban amazon)とアカビタイボウシインコ(Puerto Rican amazon)はミミグロボウシインコの下位近縁になります。

そしてハイチといえば絶滅したハイチコンゴウインコ(Dominican Green-and-yellow Macaw)が思い浮かばれるのですがー

現在のハイチ共和国は世界最貧国の1つで、火をおこすのもガスではなく炭を使うため森林は国土の1%にまで荒廃しているといわれ、そんな夢とは繋がらなさそう…

カリブ海は人にとっては血なまぐさい歴史まみれですが、オウボウシインコやイロマジリボウシインコなどのボウシインコたちをはじめ、インコにとってはロマン溢れまくる地域でもあります(・Θ・)